タロットカードと星座、惑星の関連についてお伝えします。

12:吊るされた男(ハングマン)「海王星」

吊るされた男のカードは自己犠牲を表しています。

海王星の持つ慈悲深さや、耐えることを苦痛と思わないといった性質とリンクされています。

13:死神(デス)「蠍座」

死神のカードは死と再生を表しています。

蠍座は本来の宮である8宮の持つ意味が「生と死」に当たるので、死神の持つメッセージとリンクします。

死神のカードの正位置の持つ意味は物事の終わりそのものを示しています。それは蠍座の徹底性や白黒はっきりつけるというところにリンクします。

逆位置に出た場合は「再生、始まりのための終わり」という意味を持つのですが、それも蠍座の転んでもただでは起きない執念の再生力といった性質とリンクされています。

14:節制(テンバランス)「射手座」

節制のカードは、得意分野で勝負をし、バランスを保っているカードです。

射手座は精神性をとても重んじ、自分の得意なことを誰よりも知っていて、それを伸ばす。という性質を持ちます。

例えば、節制が正位置に出た場合、「中庸、セルフコントロール、思いやり」といった意味を持つのですが、それは射手座の利他主義とリンクされます。

逆位置の場合は「不摂生、精神と肉体のバランスの悪さ」といった意味を持ちますが、それは射手座の二面性とリンクされるところがあります。

15:悪魔(デビル)「山羊座」

悪魔のカードは欲望を表しています。

カードの悪魔も山羊をかたどったものが描かれています。

悪魔のカードは正位置では「物欲の深さ、執着、野心」という意味を持ちますが、これらは山羊座の欠点を表しています。

逆位置の場合は「解放、執着を捨てる」といった意味がありますが、これらは山羊座の良い部分でもある「潔さ」とリンクしています。

16:塔(タワー)「火星」

塔のカードが表しているのは破壊と再生です。

火星は情熱、戦闘力のパワーを強くもちます。

17:星(スター)「水瓶座」

星のカードは正位置では「ポジティブな発想力、思考の転換、アイデアなど希望が見える、友愛、健康」という意味をもつカードです。それらは水瓶座のもつヒューマニズムにも通ずるところがあります。

逆位置では「ナルシズム、偏った思考、逃避」という意味を持ちます。水瓶座が自分の世界に陶酔し抜け出せなくなると、このようなイメージを持つというところにもリンクしています。

18:月(ムーン)「魚座」

月は太陽との位置関係により形を変えることから、「移ろいやすい感情」を表しています。

そういったところから、このカードは正位置で出た場合は「不安、妄想、欺瞞」という意味を持ちますが、これらは魚座の持つ「非現実性」に通じるところです。

しかし逆位置では「深い感性、真実が分かる」といった意味となり、それらは魚座の本来持つ感受性の豊かさや優しさ、柔軟性といったところに通じるものがあります。

19:太陽(サン)「太陽」

太陽のカードは、物事が収穫の時期を迎え繁栄している様子を表しています。

太陽の場合は、そのまま太陽にリンクしています。

20:審判(ジャッジメント)「冥王星」

審判は気づきによる変容、そして奇跡を表しているカードです。

冥王星も生と死、そして始まりと終わりを示しています。

21:世界(ワールド)「土星」

世界のカードは完成された、満足のいく完璧な世界を表しています。

土星は経験を積んで培った精神、忍耐を表しています。

積み重ね最後に得たもの。というところでリンクしています。

タロットと占星術の繋がり

タロットと星座、惑星についてまとめました。

解釈や考え方については、扱う人によって違いがあるので見解は1つとは限りません。

しかし、タロットと宇宙、タロットと占星術には切っても切り離せない繋がりがあるので、その繋がりを様々な角度から理解することで、リーディングがより深いものになります。

参考になれば嬉しいです。