片思いをしている時、相手が自分のことをどう思っているのか?とても気になります。

そんな片思い中の相手の気持ちを知りたい時に、おすすめしたいスプレッドを紹介します。

ラバーズブリッジスプレッド

ラバーズブリッジスプレッドは別名「マリッジブリッジスプレッド」とも呼ばれます。

このラバーズブリッジスプレッドは時期やタイミングに応じて、自分と相手の関係がどのような状態になるかを分析できるため片思いの人におすすめのスプレッドです。

「相手の気持ちがわからない」という場合に使えるスプレッドなので、恋愛関係はもちろん様々な対人関係に対応できるスプレッドです。

ラバーズブリッジスプレッドのやり方

1.よくカードをシャッフルしカットしてから1つの山にまとめます。その後、変形X字になるよう並べていきます。

「相手をあらわすまとまり」

2.場の中央からやや上の位置に1枚目を置きます。その左斜め上に2枚目、さらに左斜め上に3枚目を置きます。4枚目は1枚目の右斜め上に置き、5枚目はそのさらに右斜め上に置きます。

「自分をあらわすまとまり」

3.6枚目は1枚目から2枚分ほど間を空けて下に置きます。その左斜め下に7枚目、さらに左斜め下に8枚目を置きます。9枚目は6枚目の右斜め下、10枚目はさらに右斜め下に置きます。

4.最後にこの2つのまとまりを繋ぐように1枚目と6枚目の間に上から順に11枚目と12枚目を置いて完成です。

それぞれの配置の持つ意味

数字は置いた順番です。

1.相手の気持ち

あなたに対する現在の相手の感情。

2.相手の過去

あなたの事を相手は過去にどう思っていたのか?

3.相手の原因

相手があなたに抱いている感情、とる態度の原因や理由。

4.相手の近い未来

対応策通りに行動した時、相手があなたに抱く感情または行動。

5.相手の未来

さらに時間が経過した時、相手があなたに抱く感情または行動。

6.あなたの感情

相手に対する現在のあなたの感情。

7.あなたの過去

過去に相手のことをあなたがどう思っていたのか?

8.あなたの原因

あなたが相手に抱いている感情、とる態度の原因や理由。

9.あなたの近い未来

対応策通りに行動した時、あなたが相手に抱く感情または行動。

10.あなたの未来

さらに時間が経過した時、あなたが相手に抱く感情または行動。

11.現在の互いの状況・相性

今あなたと相手がどういう関係なのか?現在の相性はどうなのか?

12.トラブルと対策方法

現在のあなたと相手の間にある問題とその解決方法。

読み取り方のアドバイス

お互いの率直な気持ちを表す3枚目と8枚目のカードと、結果(未来)を表す5枚目と10枚目のカードが重要だと考えられます。

3枚目と8枚目では現在のそれぞれの率直な気持ちが読み取れますし、5枚目と10枚目は遠い未来2人がどう思っているかということが予測できます。

しかしどちらかというと、5枚目と10枚目のカードは希望や願望を表す部分が多く見受けられます。

好印象をもっている場合は、一概には言えませんが、どちらかのカードが良いものである可能性が高いようです。

そして現在から未来へ繋がる位置に属しているカードは、その時の状況に影響されたカード展開であるように感じられます。

そして、鍵となるのは11枚目の2人の現在の相性や関係性です。

もし11枚目が良いカードであれば、12枚目の内容をしっかり受け止めアプローチを進めていくようにすればよいです。

反対に11枚目のカードが悪いようであれば、12枚目のカードはアドバイスとなります。3枚目の相手の気持ちを踏まえアプローチの方法を考えていくようにします。

お互いのことを深く知ることができるスプレッド

片思いをしていると気になってしまう、相手がどんな気持ちでいるか。この恋の行方はどうなるのか。ということ。このラバーズブリッジスプレッドは2人の過去と未来、お互いの状況、そして2人を繋ぐ架け橋と、対策を示してくれます。

ぜひ、一度占ってみてください。