恋愛のタロット占いで「審判」が出たときの意味とは?

「審判」のカードは恋愛を占う場合、本来主要な意味ではなかったはずの「復縁」の意味が有名になりすぎていて初心者の方はかえって読みにくさを感じている場合もあるようです。
正しく解釈するために、元々のカードの意味から発展させて恋愛での意味が読みとれるようにしていきましょう。

審判のカードの意味

それでは「審判」のカードの絵柄の意味を見ていきます。

最初に目に入るのは、ラッパを持った金髪の天使の姿ではないでしょうか。
そして海上には、棺桶から蘇った死者たちの姿が見受けられます。
これは、聖書にある最後の審判のシーンであり、大天使ミカエルが吹くラッパと共にすべての死者が蘇り、善い者は永遠の生を得て、そうでない者は地獄に落とされることになるという神による最後の采配を描いたものになります。
ですからこのカードでよく言われる「復活」の意味合いは、このカードが持つ一面でしかありません。
復活の後の審判を視野に入れて初めて、このカードは正しい読み方ができるのです。

「審判」の恋愛における意味

「審判」のカードは、古くは「復活」というタイトルが付けられていました。
ですからもちろん復縁や愛情の再燃に関する意味も持っています。
しかし、その復活はあくまでその後の最後の審判を見据えた復活です。これまで自分自身が、相手に対してどのような態度で接していたか、そのジャッジが行われるカードです。復縁してからの方が厳しい状況になることも十分あり得ますので、日頃から自分の行動に気を付けておくことが求められます。

またこのカードは、苦しみや支配からの解放という意味も持っています。もし恋人やそれに近い存在によって苦しい思いをしているならば、そこから解放されるという意味合いもあるのです。
それは例えば、復縁という形で表れるかもしれません。逆に関係が清算され、依存関係からの解放が訪れるかもしれません。別れを伴う可能性もありますが、あなたが何に苦しんでいたのかをよく考えてみる必要があります。
このカードは真理の追求と善いことを歓迎するカードです。あなたを苦しめているものが、今後のあなたの人生にとって良いものか悪いものかを見極め、良いものであれば引き戻し、悪いものであれば遠ざけます。そして、結果的にあなたは苦しみから解放され、これでよかったと思えるようになります。審判とはそういうカードなのです。

逆位置で出た場合、問題は解決されません。今の苦しい気持ちは消えることはないでしょうし、薄れていた苦しみが再発する可能性すらあります。
このカードが逆位置で出た場合、あなたは今の恋に囚われすぎている可能性が高いので、視野を別方向に広げる必要があります。
恋愛から少し距離を置いて、自分にとって有益なことに気持ちを向けましょう。習い事でも何でも構いません。
とはいえ、審判の逆位置が出るときは、あなた自身がそれでもいい(囚われたままでいい)と心のどこかで思っている可能性が強いため、なかなかライフスタイルを変えることは難しいかもしれません。保守的になってしまっているため、新しい方向に目がいきにくい状態ですから、解放されたいのならば強制的に生活形態を変える必要があるでしょう。