正義のカードがタロット占いで出たときの相手の気持ちを見てみましょう!

「正義」は解釈の難しいカードです。
元々事務的な意味が強いので、一般的な意味で出た時も読み取り方に迷うカードですが、「相手の気持ち」で出た時には一層読み取り方が難しくなります。

今回はそんな、「正義」のカードの意味について見ていきましょう。

「正義」のカードに描かれている人物は、一見男性のように見えますが女性です。
このカードは別名「裁判の女神」とも呼ばれます。
カードには、右手に黄金の剣、左手に天秤を持った玉座に座った人物が描かれています。ウェイト版デッキにおけるこの人物は、ギリシア神話の正義の女神「アストライアー」またはその母でやはり正義の女神である「テーミス」がモチーフとされています。
彼女の右手の剣は、「武力」ではなく「支配」の象徴としての持ち方がされています。剣の色は水色であり、高い精神性や冷静さ、無意識の分野を表します。またこの剣は、大天使ミカエルが持っている、人を断罪するための剣に由来すると言われています。
天秤はアストライアーの神話においては「公正で平等な裁き」の象徴です。
更に、彼女は白い靴を履いた右足を前に出しています。白は顕在意識を表し、聖なるものや知性の象徴であり、右側もまた聖なるものを示します。
また、彼女がまとう赤い服は、情熱や意志の強さを示しています。
これらのモチーフを考えれば、このカードが裁判の女神と言われるのも納得がいくのではないでしょうか。

正義のカードが「相手の気持ち」で出た場合の意味

まずは正義のカードの一般的な意味を見ていきましょう。

正位置の意味は、「公正・公平、平等、正義、正しい裁判、勝訴、行政、均衡、善意、誠実、正しい判断」などです。
逆位置の意味は、「不正、不公平、不均衡、誤った判断、モラルの欠如、敗訴、訴訟問題」などです。

これが相手の気持ちのところに出た場合は、正位置であればあなたに誠実な態度で接しようと考えていることになります。
あなたを一人の人間として尊重し、曖昧な関係ではなく、きちんとした関係性で付き合っていきたいと考えていることでしょう。
騙そうとか、遊んでやろうといった感情はありませんが、少し恋愛感情という感覚からは遠いかもしれません。
正義のカードはビジネスライクな状況で出ることが多いカードですので、信頼できる相手ではあるけれど、大恋愛には発展しにくい関係性だと言えます。

逆位置で出た場合は、一転して不誠実な結果になります。
本人が不安定な気持ちでいる可能性もありますが、それであればもっと別のカードで出ますので、あなたとの関係を曖昧にしておきたい気持ちだったり、都合のよい相手として見ている可能性が大きいでしょう。三角関係や浮気の可能性もあります。
訴訟を意味するカードでもありますので、最悪、結婚詐欺などの犯罪行為に近い感覚であなたに関わっていることもありえます。
いずれにせよ、逆位置で出た場合は不均衡、天秤が傾いている状態です。
どちらか一方だけが得をする況にある、片方だけが我儘を通している、相手に対して不誠実な気持ちでいる。「正義」の逆位置はそんな心理状態を示します。