大アルカナの「塔」の意味はまさに終わりと始まりを示唆したもので、非常に読み取りが難しいでしょう。解釈は人によって全く別になりますが、様々な考えを知って自分の思う意味を考えていきましょう。この記事では大アルカナの16番目「塔(THE TOWER)」についての詳しい意味や解釈法をご紹介いたします。

カードを観察して分かること

この塔はバベルの塔をモチーフにして描かれています。バベルの塔とは、旧約聖書の「創世記」に登場したモチーフで、人類が神に近づこうと天まで届くような高い塔を建てたけれども、神はその塔を破壊し人々の言語をバラバラにしてしまったというお話があります。山の上に塔が建っていますが、これは山頂までたどり着いたけれども天に届くにはまだ足りずもっと高い場所へ行くために塔を建てたのです。しかしこの塔はレンガのように地道に積み上げて作る物ではなく、ただの驕りによって建てられました。それが神の怒りを買い落雷で壊されてしまいました。雲からは雨も降ってないため自然現象ではありません。この雷によって持っていた全てを吹き飛ばされ、もう一人の協力者は赤いマントで自分は飛んでいると勘違いしています。傲慢さが招いた不幸ですが、これは運などではなく自分で進んだ道です。それを踏まえて意味や解釈を考えてみましょう。

詳しい意味や解釈法

カード自体の意味は自身の傲慢さによる崩壊や物事の失敗を意味しています。実は多くのタロットがありますが、その中でも「塔」は失敗するという意味では最悪のパターンです。もし最終結果にこのカードが出たら、その問題や関係は諦めた方が良いかもしれません。
正位置の場合は、このまま現状を維持することすら難しいという状況を表しています。どうにもできない自分に憤りを感じ失望したり、今まで築き上げたものが信用できなくなったり、不運なトラブルに見舞わされる場合もあります。これの対処法ですが、時にはあきらめも肝心、その問題や抱えている物をそうなる運命だったと手放すことも考えた方が良いかもしれません。解釈例の一つをご紹介します。今は思わぬハプニングで混乱しているかもしれませんがとにかく落ち着くことが大事です。この混乱は自分を成長させてくれるものといっても過言ではありません。そこに隠されたメッセージを受け取り、一度冷静になって落ち着いたら現実を見てなぜそうなったか考えてみましょう。という解釈もあります。
逆位置で出た場合は、今までの状況が終わり新たなスタートを切ることになるでしょう。それは今までのものよりもきっと良いものになるはずです。新しい可能性を見つけたり、前に経験した心の傷が落ち着いたり、現状の新しい道を見つけることが出来ます。これをもっと良いスタートにするには、大きな理想を捨て現実を受け入れることです。こちらも解釈の例を一つご紹介いたします。小さな波乱があったと思いますが、こうなることは薄々気付いていたのではないでしょうか。実際怒ってしまったら逃げようもありません。新たなスタートに力を入れましょう。という例も挙げられます。

さいごに

大アルカナ「塔」についてご紹介いたしました。あまり良い意味ではないですが、それでも質問者に何かを気付かそうとして出ているカードだと思います。決して粗末にせずメッセージを受け取り対策していきましょう。