タロットの中で吊られた男というカードはよく創作の絵でもモチーフにされておりますが、カードの意味をあまり理解していない人も多いのではないでしょうか。この記事ではタロットカードの大アルカナ「吊られた男(THE HANGED MAN)」についての意味や解釈法をご紹介いたします。

カードの絵を見てわかること

何故こうなっているのか不思議な状況ですが、これは悪いことをして吊るされているのではなくよく見たら縛られているのは足だけで、しっかり靴も履いています。この男性は誰かの代わりに自らが名乗り出て吊し上げの刑の犠牲となっているのです。男性は崇高な思想の持ち主で、他人のために自分が犠牲になることを誇りに思っているため、表情は苦しそうには見えません。これによって救われて人はもちろん、対象者でもあるこの男性は頭しか使う事の出来ない状況の中に今まで思い浮かばなかったアイディアを得ることができます。そしてその姿を見た周りの人も、なぜ男性が吊るされているのかをのちに知り、自分たちの行動を振り返るはずです。このカードは非常に周りに影響を与える意味を持っていることがわかります。そしてここで注目してほしいのが、先ほども言いましたが男性が靴を履いていること、やろうと思えば男性が縄を外すこともできるほどに脚の縄が緩く、かつ縛られているのは足のみというところです。実は男性と、男性を吊った人間はお互いの事をよく理解しているため、ほどかれたときにすぐに歩きだせるよう靴を履かせたままなのです。

カードの意味や解釈法

このカードには犠牲のほかに献身や慈愛という意味も含まれています。自分よりも相手を優先する献身的な方に当てはまるでしょう。自己犠牲という考えが強く、悪いことばかり引き受けてしまうかもしれませんが、いつかはそれにふさわしい大きな幸せが訪れます。
正位置の場合は、今まで苦労した分が報われて、人のために尽くした結果が幸せとなって帰ってくるでしょう。考え方が変わったり、人にやさしい気持ちが必要だったり、周りから自分の行動を感謝・尊敬されるという意味があります。一つ解釈例をご紹介いたします。今は全く動けない状態が続いているかもしれません、それは耐える時です。欲や執着を捨てて、耐えながらも切り抜けるチャンスを見つけましょう。という解釈も一つです。
逆位置で出た場合は、今まで苦労したことが無駄になってしまったり、別のものへ心が移ってしまい今までのものを放ってしまうという意味があります。その他には自分が難なのかわからなくなってしまい閉じこもってしまったり、新たな目的を見つけられずあても無くさまよってしまったり、仕事や恋愛でも別の道へ進んでしまう事も。こちらも一つ解釈例をご紹介いたします。今の努力は報われずに終わってしまうかもしれません。しかし今までしてきたことは果たして間違いだったでしょうか。今もこれからも自分を宇楽手段は自分にしかありません。考え方を改めるいい機会なのではないでしょうか。という考え方もできます。

さいごに

大アルカナ「吊られた男」についてご紹介いたしました。忍耐や慈愛が重要なテーマですが、行き過ぎた自己犠牲はいつかは破滅してしまうでしょう。何事もやりすぎないように、相手と自分を大切にしてください。