大アルカナの14番目「節制」は、パッと見ただけではどのような意味があるのかわからないかもしれません。これには、自分が成功できる道について示しているという意味があります。この記事では節制についての意味や解釈の一例についてご紹介いたします。

カードをじっくりと観察

タロット占いではまずカードの絵をよく見て情報を読み取ることも大切です。このカードは赤い羽根の天使が聖杯の水を流し渡している絵が特徴的ですね。これは中身が常に均等になるようにコントロールしています。それに陸と水があり、山の道はすでに出来ておりから朝日が昇っています。天使の胸の三角と四角の模様も四元素と三区分を表しています。カードの絵の中にあるもの一つ一つに意味が込められているため、カードそのものの意味だけではなく、占うたびにそのようなことも意識しましょう。

カードの詳しい解釈

「節制」は、安定や節約などの状況管理やバランスを意味しています。自然な流れなどという解釈もあり、例えば友情から愛情に移り変わるなどの流れを大切にするということも表しています。焦らず一歩一歩確実に進んでいくという堅実さを示しているカードでもありますので大切にしましょう。
正位置で出た場合の解釈は、今の状況やこれからを安定させることができるということで、さらにより良いものが得られると言う意味があります。基本的には良いカードですので、その状況に幸せを感じ感謝しましょう。落ち着いた対処、状況を見抜く力、関係の発展が期待できる、ビジネス関係でも安定した場所を発見することが出来るなどの解釈があります。例えば一つのケースですと、淡々と物事が進んでいくために、自分の道を進みましょう。大きな変化はまだ見えないかもしれませんが着実に進んでいっているため、今自分が出来ることを一つづつ
理解して物事を勧めましょう。という解釈もあります。
逆位置で出た場合は、これから問題を抱えてしまい立場、関係が思わぬ方向へ向かってしまうという意味があります。全く別の問題が発生したり、人間関係がなかなか上手くいかず不安になってしまったり、つい焦ってしまい周りを見失ってしまう事も。これを対処するにはしっかりと流れに乗ることが大切です。そして冷静になり今の状況を理解し、落ち着いて判断すること。あまり欲深く考えてはいけません。もし言いたい事があっても感情だけで怒るのではなく冷静に対処しましょう。逆位置のケースも一つご紹介いたします。今の状況ではやりすぎで、バランスが崩れてしまいそうです。もしかすると組み合わせが悪いのかもしれませんが妥協ができない状況です。無理に進めようとせずいったん落ち着いて焦らず見直しましょう。少し休憩して好きなことをした方が良いかもしれません。などの解釈があります。

さいごに

大アルカナ「節制」についてご紹介いたしました。これ以外にも様々な解釈法があり、こちらはあくまで一例ですので自分が思うカードの意味を見つけ出してください。タロットカードによって絵柄も違いますし、それによって解説書に書かれている意味もそれぞれ異なります。そのタロットカードから何を見出すことが出来るのか、これも占い師の腕の見せ所です。