タロット占いには多くのスプレッド(展開法)があり、例えば恋愛について占うのであればヘキサグラム法が良いなど相性も関係があります。
スプレットが違うと使うカードの枚数も変わり、一枚のみで占うものもあればタロットカードの78枚すべて使うスプレッドも存在します。
この記事では初心者でも使いやすい枚数の少ないスプレッドや、よく使われているものについてをご説明いたします。

少ないカードで占うスプレッド

並べ方も非常にシンプルで初心者でも手軽で占いやすいスプレッドでもありますが、逆に考えれば少ないカードだからこそ読み取る手がかりも少ないです。
インスピレーションを鍛えるためには良いかもしれませんが、一枚のカードのみで解釈するのは初心者には難しいという矛盾になってしまいます。

ワンカードオラクル・・・日常的におみくじ感覚でその日の運勢を占いたい際には良い展開法です。一番シンプルですが、一番奥が深いものとなっています。
よくシャッフルしたカードをまとめ一番上をめくる方法や、トランプのように扇状に広げて好きなカードをひくというものでも良いでしょう。
イエス・ノー占いとしても使え、はっきりと知りたい出来事がある時にも使える万能スプレッドです。

シンプル・クロス・スプレッド・・・これは78枚のタロットカードから二枚を選び読み取るため「今抱えている問題をどう打破するべきか」を問いたいときに最適です。
こちらはカードを一枚置き、もう一枚をクロスさせる形で置くという形のスプレッドになります。
一枚目は今の状況を表し、二枚目は問題となっている原因などを示しています。この二枚の関係性も考えながら読み取っていくためなかなか解釈が難しいかもしれません。
実は他のポピュラーなスプレッド「ケルト十字法」を簡略化したものとなっていますので、そちらの展開については別の記事で詳しく紹介しているので参考にしていただければ幸いです。

フォーオラクル・・・左からカードを四枚並べていくスプレッドで、小さな悩みを質問するのに相性が良く、初心者にむいている展開法です。
1枚目は過去・2枚目は現在・3枚目は未来・4枚目は最終結果を表しています。タロットカードは最後のカードが最終結果・出来事の核となる場合が多いです。

ヘキサグラムスプレッド・・・六芒星の形が男女の関係と深く結びついているため、恋愛についての悩みを占いうのに最適なスプレッドで、7枚のカードを六芒星の形に並べて占います。
これによって隠された自分の気持ち(潜在意識)や、近い未来に起こりうること、そのための対策などを知ることができます。

ホロスコープ法・・・これは13枚のカードを使い意味を読み取る方法で、対象者の総合的な運勢を占うのに適したスプレッドです。
カード枚数が多く少し難易度が高く思えますが実はそれほどではありません。12枚のカードで金銭運・恋愛運・健康運などを占い13枚目はキーカード、総合的に影響するであろうカードになります。
どの占いでもそうですが、最終結果が悪いからと言ってそれにとらわれる必要は全くありません。あくまでそのような傾向になるかもしれないという意味で捉えてください。

さいごに

よく使われているスプレッドについてご紹介いたしました。これらは使いどきや質問の内容について変えていくのが良いと思います。
最終的にはどのスプレッドでも集中して占えるようになり、カードそれぞれの関係性を読み取れるようになれるのが理想的ですね。