タロット占いで悪い結果が出たら…

タロットに限らず、占いの結果が100%ハッピーというわけではありません。時には、求めている結果と違い、落ち込むこともあるでしょう。しかし、実は落ち込む必要はないのです。なぜなら、占いは、そうならないように見せてくれている未来像なのです。
いまのままいくとこうなる、というのを暗示してくれているものであり、未来がこうなると断定しているものではありません。悪い結果だったとすれば、その原因を考え、そうならないようにすればいいのです。
今回は、悪い結果ばかりで落ち込んでいる方に、どういう心構えでいるべきかをご紹介します。占いの結果が悪く、悩んでいる時にぜひ試してみてください。

悪い結果が続く場合は

暗示とはわかっていても、ことごとく悪い結果しか出ないときはあります。
例えば、大好きだった元彼との復縁は難しいと、いつも暗示されたとすればショックでしょう。しかし、それはとても意味のあることです。もしかすると、その彼以外にもっと素敵な人との出会いが待っているのかもしれません。逆に、復縁出来たとしても喧嘩ばかりで辛い思いをしたり、嫁姑問題で悩むことになったりと苦労が多くなる可能性が高くなります。
今は一時的に別れがつらいので、その結果が悪い結果に見えているかもしれませんが、最終的には変わってくることも十分にあります。それが本当に悪い結果なのかを、冷静に考えてみましょう。
悩んでいると視野が狭くなり、今この瞬間、という一瞬に集中しやすくなりますが、あまりその時の結果だけに捉われるのではなく、なるべく遠い先のビジョンを思い描くようにしましょう。その中の一瞬の結果なので、その全体を通して、本当に悪い結果なのかを客観的にとらえてみるのもおすすめです。

占いで出た答えをしっかりと読み解く

悪い結果だと思っているその答えは、あなたの思い過ごしということもあります。占い師さんの言った言葉を、今一度思い返してみましょう。
本当に悪い結果だったのでしょうか。悪い結果ばかりが頭に残り、占い師さんからのアドバイスや、良い結果が出たものなど頭から抜けていませんか?
分からなかったり、その後の行動に疑問を持ったら占い師さんに聞いてみると良いでしょう。結果よりも、何が原因でそうなるのか、どうすればそうならないのかという対策面に注目することをおすすめします。
ただし、占い師さんによっては質問するとオプション料金が発生する場合などもあります。トラブルにならないように事前確認が必要となります。

悪い結果でも良い未来を引き寄せるために

悪い結果ばかりにフォーカスしては、ただ落胆して悪い結果を待って感傷的になるだけです。
それでも良い結果を引き寄せるには、結果を受け入れ、そこから何を学べるのか、何が足りないのかを考えることです。占い師さんによっては、そこも読み取ってアドバイスしてくれる人もいますが、自分の中でもきちんと生活に落とし込無用にしてください。
ここで、占い師さんの言ったことが気に食わないからとアドバイスをシャットダウンしてしまったり、投げやりな態度を取ってしまうのはやめましょう。占った結果を生かすも殺すも、受けて次第なのです。