仕事や私生活の中でどうしても馬が合わず苦手な人って少なからずいると思います。しかしどうにかして仲良くできないものでしょうか。もしかしたら本心ではお互いがもっとお互いを知りたいと思っているかもしれません。この記事では敵対者と思われる人の自分への気持ちを占う方法をご紹介いたします。

苦手なあの人はもしかしたら

自分も苦手だと思っているかもしれないけど、実はどちらも本当は仲良くしたくてタイミングをうかがっていたという話はよく聞きます。一度しっかり話してみると意外と気さくでいい人で、親友になってしまったという場合も。今回は「自分が苦手だと思っている人が、自分に対しどんな気持ちを抱いているか」をタロットに質問しようと思います。では心の中で質問を思い浮かべながらよくかき混ぜて一枚を抜き出しましょう。今回は大アルカナだけを使って、出たカードは「魔術師」だったと仮定して解釈の例をご紹介いたします。

隠された感情

相手は貴方に対してもっとおしゃべりしてみたいと思っています。貴方が何かしらの理屈をいう時はあまり立場をわきまえてないのでは?と思っているようですが、普段はあまり貴方の事を悪く思っているわけではなさそうです。自分の感情を大きく出す時は少し周りに気を付けて抑えめにすれば相手の反応も自然とよくなり、貴方も気を使ったり嫌な気分になることは少ないはずです。という解釈も一つです。
カード一枚からここまで読み取るのは少し難しいかもしれませんが、カードから感じとれる意味をインスピレーションで受け取るというのがタロットカードの読み方です。正しい意味が存在せず、カード自体の解釈すら正解がありません。自分がピンと来たものがその答えになります。しかし結果を信じすぎず、あくまでアドバイス程度と受け止めて相手と接してみましょう。

先入観は長く続く

一度苦手だと思ってしまった相手は、なかなか良い目で見ることが出来ないと思います。しかし職場などでしたら嫌でも一緒に行動しなければいけない時だってあるはずです。そんな時にどんな接し方をすればよいのでしょう。それは自分に余裕を持つことです。自分が追い詰められている時に苦手な人と一緒に居たら負の感情が重なり合いとんでもなくネガティブになってしまいます。その時に相手と深く話を進めていったら余計に感情が湧き出て本当に嫌になってしまうかもしれません。もし苦手な人と仲良くなりたいのでしたら、自分のコンディションが良い時に話しかけてみましょう。普通に話しかけるだけでも案外すんなりと受け入れてくれるかもしれません。

さいごに

苦手な人の自分に対する感情や思いを知るタロット占いをご紹介いたしました。どうしても自分と合わない苦手な人との関係は、実は前世からの繋がりや自分の鏡だったりするために苦手ということもあるようです。ここまで調べるとなるとタロット占いだけでは足りないと思いますので、どうしても解消したい方や仲良くなりたいという方は霊感占いのプロに頼った方が参考にできる結果が出るかもしれません。しかしタロット占いは誰でも手軽に占うことが出来るため、占い初心者の方はやはりこちらをおすすめします。