タロット占いで望みを叶えたいのなら

せっかくお金を払ってタロット占いをするのなら、望みを叶えたいと全員が思うでしょう。叶えるために、どうすれば良い方向に行くかを知るために占うので、当たり前のことです。
しかし、ただ単にタロット占いに行くより、望みの叶う質問方法や行動を心得てから行く方が、望みの叶う可能性が上がります。どうすると望みが叶いやすくなるのかをしっかりと踏まえてから、行ってみましょう。

望みを叶えやすくする質問方法と行動

・ぼんやりした質問はやめましょう
ぼんやりした質問はぼんやりとした答えしか返ってきません。何をどうしたいのかをはっきりと思い描いてから占いをすることで、占いの答え自体もピンポイントで現れてくれます。
曖昧な質問はせず、しっかりと何を聞きたいか明確にしておくことで、望みを叶えやすくなります。

・決定づけるような質問はやめましょう
先ほど、明確にしておくことは言いましたが、それとこれは別物です。決定づけるというのは、絶対に、必ずという言葉を使う質問を指します。絶対にこの人と付き合えるか、必ず合格できるか、など断定を入れた質問は、相手を否定していることにもなるのでやめてください。
この世の中に絶対は存在しないのです。そういった質問よりは、どうすれば望む答えになるかのキーワードや、現在障害になっているものの原因と対策などを詰めていく方が良いでしょう。

・言われたことだけすればいいという考えはやめましょう
占って満足し、努力をしないのはやめてください。占いで良い結果が出たからと満足したり、悪い結果だったから何をやっても良い方向へ行かない、と思うのは間違っています。そうなってしまうと、結果的にいい答えが出るためだけに占いを使ってしまう形になるでしょう。そういった占い依存症になってしまうと、叶うものも叶いにくくなります。
どのような結果にしろ、意味が合ってそのカードはあなたに訴えているのです。悪い結果ならそうならないように、良い結果ならその結果になるか、より良くなるように行動しましょう。

・占いはアドバイスという考えで行きましょう
占いの立ち位置は、アドバイスという点であることを覚えておきましょう。神様からのお告げでもないですし、未来が決まったわけではありません。アドバイスなので、もちろん結果は変わってくるでしょう。
最終判断は自分自身になります。そのアドバイスを活かすも殺すも自分次第です。そのため、結果がどうであれ、悩みや相談のゴールに向かうための通過点に出てきたアドバイスなので、しっかりと私生活に落とし込んでみると、望みも叶いやすくなるでしょう。アドバイスを受けたら、ある程度の努力や考えていかないことなどが出てくるはずなので、それは自力で頑張ってみましょう。

・幸せになる権利があると前向きに質問しましょう
よく、自分なんかがこんな願いをしていいのかと躊躇する方がいます。しかし、そうすると思っているだけでも無意識的に叶わないことを願っていると脳が錯覚を起こしてしまいます。
その錯覚も、カードに反映してしまう場合も考えられます。
まずはリラックスして、前向きな気持ちを持って質問してみてください。