タロットカードで何かを占う時に、その悩みの種類を考えたことがあるでしょうか。人の悩みというものは大きく分けて4つのみと言われています。人間関係・金銭的な問題・健康・将来の悩みと四つに分けられるそうですが、恋愛に関する悩みは果たしてどこに所属するのでしょう。
おそらく今の恋人とこれからどうなるのか、未来の結婚相手はどんな人なのかという悩みは将来の悩みに含まれます。今まさに恋をしてそれが実るかどうかなども将来的なことですし、もちろん人間関係にはなりますが、恋人との関係は結婚やその先の未来を見据えることが大切だと思います。
この記事ではタロット占いで恋の行方を占う方法についてご紹介いたします。

早速カードをシャッフル

タロットカードで占いをするには始める前に必ずシャッフルをしなければいけません。
手順はカードを裏にして両手で混ぜ合わせ、適当なところで止めて一つにまとめます。そしてトランプを切る動作と同じようにタロットカードも切って準備は完了です。
タロット占いをする際には必ずその「質問」をはっきり決めなければなりませんので、今回は今続いている恋愛について未来はどうなるかという質問を想定して占いましょう。
この質問ならば細かく解釈することのできる「ヘキサグラム法」というスプレッドが良いでしょう。カードを7枚使い読み取っていくスプレッドになります。
少し複雑に見えるかもしれませんが、わりとポピュラーな方法なので覚えていても損はありません。これで自分の気付かない相手への気持ちや、近い未来、問題をどう打破していくかなどを占うことができます。
まずは上記の質問を頭に思い浮かべながら集中して、カードを切ります。並べ方は全て縦置きで六芒星の形にするため、最初に△を作り、次に▽の形を作ります。
ですのでまず一枚目は△の頂点になる位置に置き、二枚目はその右角、そして次は左角に。四枚目からは下の頂点に置き、上の左角に五枚目、次は右角に。
最後の一枚は中央に来るように置きます。これでカードを並べるのは完了です。

解釈の仕方

この並べた7枚のカードが伝えたい意味をご説明いたします。
1枚目・・・過去の出来事
2枚目・・・現在起こっていること
3枚目・・・近い未来に起こりうること
4枚目・・・周りの環境
5枚目・・・自分の潜在意識・望み
6枚目・・・問題解決のためにとるべき行動
7枚目・・・最終結果・何かしらの核心

カードの読み方として、1枚1枚しっかり見て読み取っていくのも良いですし、パッと見て気になるカードやコレ!というものがあれば7枚目のカードでなくとももしかしたら一番重要なメッセージかもしれません。
ヘキサグラムの形に隠された様々な意味もあり、男性と女性を表していると言われ恋愛に関する占いにはとても相性の良い占いです。
有名ながら非常に奥が深いスプレッドなのですが、これについては別の記事でご紹介しているのでそちらをご参照ください。
実はこれはほんの一例で、必ずしもこの通りに解釈する必要はありません。決まった意味が存在しないのもタロット占いの醍醐味です。
タロット占いをする際には、カードの意味を理解することも大切ですが、カードの意味をどう自分で解釈していくかがミソですから自身のインスピレーションはもっと大切です。
しかし占い頼りではなく、結果を見据えしっかり自分でその道を作っていきましょう!