タロット占いの起源について

みなさんは、タロット占いの歴史って、どれくらいだと思いますか?
タロットはカード自体の起源は500年ほど前からのものになりますが、占いとして確立したのは17世紀から18世紀にかけてのことで、200~300年ほど前になります。
この頃は世界情勢が不安定だったこともあり、不安な日々を過ごす人々の心が宗教や呪術、占術に向かったという背景があります。そのため神秘学がとても盛んで、活版印刷術が発展し書物の大量生産が可能となったこともあり、この時期はホロスコープや数秘術など、西洋の占い全般が確立した時期でもあるのです。特にタロットカードが印刷術の発展の恩恵を受けたことは言うまでもありません。それまでタロットカードは一枚一枚手描きで作るしかなく、貴族が画家に作らせるようなものだったのです。

タロットカードは元々、トランプと同じようにカードゲームとして使われていました。数というものはそれだけで力を持つものです。そこに当時の神秘主義者が呪術的な意味を見出し、次第に宗教画の要素が組み込まれ、魔術の道具としての意味合いが強くなっていきました。
タロットカードとトランプはよく似ていますが、起源としては同じものです。日本でもタロット占いが有名になる以前はトランプ占いの方がメジャーでした。今でもトランプを占いの道具として使うこともあります。

現在の形のタロットカードの成立

タロットカードが現在の形になってきたのは、18世紀末になってからのことです。この頃、フランスのタロット占い師であったエッティラが、初めて正位置、逆位置の概念を採用し、またカップ、ワンド、ソード、ペンタクルの各スートに四大元素を当てはめました。更に大アルカナに占星術のモチーフを組み込み、カードのナンバーも呪術的に意味あるものに並べかえ、世界で初めて呪術専用のタロットカードを作ったのです。その後フランスでは、高名な占い師たちによってタロットの占術的な実用性がどんどん高められていきました。
更にこの流れを受けて、イギリスの歴史的な魔術結社である「黄金の夜明け団」がタロット研究を進め、多くの名作タロットを生み出しました。

ライダーウェイト版タロットの登場

現在タロットカードとして最も一般的に用いられているのは、ライダーウェイト版と呼ばれているデッキです。これは黄金の夜明け団のタロット解釈を元にしたもので、それまでトランプの数札と大差なかった小アルカナに絵柄を採用し、物語としての解釈ができるようにした画期的なものでした。
現在、アニメやマンガのキャラクターを用いた多くの創作タロットがありますが、それらのタロットは大抵このライダーウェイト版を元にして描かれていますし、数多くあるタロットカードの解説サイトや本の解釈も、デッキを特に指定しない限りはこのカードについて説明しています。ですから、アニメやマンガなどのキャラクターを用いたものや、イラストレーターの方が独自に作ったタロットカードについては、基本的にはライダーウェイト版の解釈を参考にすると良いでしょう。ただし、絵柄の構成があまりにもライダーウェイト版とかけ離れている場合にはその限りではありません。
タロットは絵柄からメッセージを汲み取るものですので、単にこの名前のカードだからこういう意味、とステレオタイプ的に当てはめるのではなく、絵柄から連想される内容を考えることが大切です。