タロット占いを始める前に

タロット占いを始めたいと思ったときには、タロットカードと本を買っておくと良いでしょう。タロットカードは全部で78枚ですが、初心者の場合は大アルカナの22枚があれば始められます。
タロットカード付きの本もあるので、そういったのを一冊持っておくと始めやすいです。
一冊の本でタロットカードのベースを理解出来たら、仕事や恋愛など、自分に合っていると思う本を購入すると、困ったときの辞書代わりとして使用できます。ただし、それらの本を購入したからと、それに縛られる必要がないことは肝に銘じておきましょう。本に書かれたことをそのまま伝えるのでは、誰でも出来る占いになってしまいます。ベースは必要ですが、慣れてきたら自分の言葉で伝えるようにしましょう。
それらが用意できたところで、一般的に知っておいたほうがいい言葉を紹介します。

始める前に知っておくべき言葉は?

・大アルカナと小アルカナ
タロットカードは全部で78枚あり、その中の22枚を大アルカナと呼び、残りの56枚を小アルカナと呼びます。
まずはじめに大アルカナとは、0~21までに数字が割り当てられていて、小アルカナよりも強いエネルギーを持ちます。すべてに別の意味があり、初心者の人は小アルカナを使用せず、大アルカナだけで売らないこともあります。
小アルカナは、トランプのマークのように4種類に分けられ、それらをワンド、ソード、カップ、ペンタクルと言います。これらはタロットカード内に各14枚入っています。
小アルカナはさらに、コートカードとヌーメラルカードに分けられます。コートカードとは、トランプのキング、クイーン、ジャックに当たります。タロットでは、キングとクイーンは同じですが、さらにナイト、ペイジが加わります。ヌーメラルカードは、トランプ同様で、A(1)から10までで構成されています。

・正位置と逆位置の意味は?
タロットカードにもよりますが、タロットカードをめくったときに、カードの向きが正しく見える場合と、さかさまになって見える場合が出てきます。簡単に言えば、正しく見える場合が正位置、さかさまになって見える場合が逆位置になります。
しかし、ここでよく勘違いしていることが、逆位置は、正位置の意味と真逆なもの、という解釈です。確かに、大雑把に言えばそうなのですが、すべてが真逆の意味になるわけではありません。また、タロットにはウェイト版とマルセイユ版というものがあります。正位置と逆位置で大体が変化するのはウェイト版で、マルセイユ版に関しては、全て正位置として読み取っていきます。
ここに記載してあるものは、あくまでも一般的なもので、自分の持っているカード独自の読み方もある可能性が高いため、そこをしっかり把握しておく必要があります。
ただし、注意点として占いは、必ずしも本に書いてあることを忠実に再現しなくてもいいということです。逆位置になっているからといって、反対の意味を言うのか、もしくはマルセイユ版だからと正位置で読んでいいのか、それはそのときのあなたのインスピレーションも必要となっていきます。この、本には絶対に書ききれない精神的な部分というのが、タロット占いの魅力と言えます。