今回は北欧発祥の精霊信仰の僧侶たちが神託を得るために用いたとされるルーンタロット占術についてお伝えします。

ルーン占術とは?

ルーン占術とは北欧発祥の占術で、ルーンと呼ばれる文字が刻まれた石や木片、カードを使った占術です。

ルーン文字は現在のドイツから北欧にかけて栄えた古代ゲルマン文化圏で用いられていた文字です。

ヨーロッパにキリスト教が伝来する前、古代ゲルマン文化圏では精霊信仰が一般的で、その時代からルーンを使った占いは精霊からのメッセージだと信じられてきました。

占い方は大きく分けて2つあります。

ひとつは「キャスト」という方法。小枝や石などルーンが刻まれたものを放り投げて、落ちた場所との関係で占い結果を導き出す方法です。

もうひとつは「スプレッド」する方法。こちらではルーンバッグと呼ばれるルーンを刻んだ石を入れておく袋を使い、そのバッグの中から適当に石を選び、それらを一定の配置に並べ占い結果を導き出す方法です。

このスプレッドの場合は、タロットのようにカードにルーン文字を描いた「ルーンタロット」を使用することもあります。

ルーン文字とは

一般的にルーン占術で使用されるルーン文字は24文字で構成されています。

これは「エルダー・フサルク」と呼ばれ、歴史の中で最も古いタイプのルーン体系だとされています。

実際、ルーン文字は時代や地域によって様々なバリエーションがあるので、占う人によっては違う数のルーン体系を用いている場合もあります。

ルーンタロット

ルーン占術では、ルーン文字の刻まれた小枝や石を投げて、落ちた位置と出た文字で占うという方法が古来より親しまれていました。

そんなルーン占術の中でも手軽で使いやすく生まれたのがルーンタロットです。

伝統的なルーン占術に則って、フルサクの24文字それぞれに割り当てられた複数のシンボルを元に占います。このシンボルカードを引くことで運勢を読み取ります。

一般的なタロットカードの大アルカナより2枚多い枚数で占います。

タロットカードとルーンの比較

タロットカードではカードに描かれた78種類の絵柄を元に意味を読み解きます。

一方、ルーンは24種類の文字を使っています。

文字や絵柄の数は違いますが、その文字や絵柄に独自の意味があるという点で似ています。

そして、いずれも偶然出た文字や数字、絵柄、そして配置に意味があり、そこからメッセージを読み取り解決方法を見出すという点で類似しています。

両方とも、共通して「過去」「現在」「未来」と時系列に沿った状況を読み取ることができます。

タロットカードとルーンの大きな違いは、ルーンが古代に使われていた文字を使用しているところです。文字そのものに意味はありますが、そこに魔術的な意味合いや細かいルールはタロットカードのように含まれてはいません。

そういった点から、ルーンの場合は文字という情報伝達の道具を相手にし読み解くものなので、答えがとてもシンプルな点が特徴となります。抽象的な答えが少なく、本質をはっきりと言い当てたり、白黒はっきりさせるような占いが得意です。

タロットカードはルーンに比べると、少し抽象的な答えが多く、占う人によって解釈の幅が広くなります。しかし絵から得られるインスピレーションは豊かで、多種多様なスプレッドで悩みに合わせて占うことができるのが特徴となります。

こういった違いを踏まえて、タロットカード占いをされる人の中には、タロットカードとルーンを併用し、タロットカードから得られた抽象的な表現を、ルーンを使って本質的な表現に変換して占ったりと、そういう使い方をされている人も多いようです。

北欧発祥のルーン占術

いかがでしたか?

北欧発祥のルーン占術についてお伝えしました。

タロットカード占いも、ルーン占術も運勢の吉凶を占うだけではなく、今後どう進んで行くべきかを手助けしてくれる占術です。