自分に関わってくる人間関係というのはどうしても気になってしまうものです。友情や恋愛でもそれは変わりません。この記事では主に自分の恋愛関係を動向を知りたい方のためのタロット占いをご紹介いたします。

今の状況を壊したくない

今お付き合いしている人がいるという方は、たとえ幸せでも少し先の未来がどうなるかは分かり得ないです。幸せなまま結婚できるのか、それとも突然の別れを切り出されてしまうのか・・・今回は「今付き合っている相手は、自分との将来をどう思っているか」という質問での解釈例をご紹介いたします。カードをよくシャッフルして一枚を抜き出しましょう。では大アルカナの「悪魔」が出たと想定して解釈します。
相手は将来に対し現在特に何も思い描いていないようです。仕事や他の友人関係が落ち着かず、あまりあなただけにかまっていられないのかもしれません。お互いが落ち着いて同じ考えを持っていなければ結婚はできないでしょう。今は期待せず、サポートしてあげてください。という解釈も考えられます。
「悪魔」のカードは悪い印象があるかもしれませんが、実は特別に悪いというわけではなく隠されたストーリーなどもあり希望や欲に負けない心がテーマになっています。別のカードが出た際の解釈も自分なりのもので構いませんのでしっかり考えてみましょう。

まだ実っていないけれど

では次は自分が片想いしている相手と距離を詰めたい方は必見の質問です。「今自分が片想いしている人と関係が進展するきっかけは?」という質問で解釈してみましょう。では大アルカナの「塔」が出たとして解釈の例を一つご紹介いたします。
何事も前向きに頑張っている相手ですが、近いうちに大きな仕事が失敗してしまったり体調を酷く崩してしまう恐れがあります。しかしそんな時が距離を縮めるチャンスです。貴方に出来ることを考えて相手をサポートしてあげてください。さりげない気づかいや負担を軽くするために陰で頑張っていると、相手は貴方に対する感謝の気持ちが次第にもっと深い感情に変化していくはずです。という解釈もできます。
実は「塔」のカードは78枚のタロットカードの中でも最悪と言われています。崩壊や終局を意味するカードですが、それでも希望があるのかというば、もちろんあります。寧ろまだ始まっていない恋なのに終わることはできません。終わりがあるということは始まりもあり、お付き合いが始まるには片想いを終わらせないといけません。このような解釈も人それぞれですが、流石に恋が終わってしまうという解釈では希望も持てません。しかし確かに大きな悪い出来事が起こるかもしれませんので注意が必要です。

さいごに

恋愛に関わる人間関係についての解釈法をご紹介いたしました。今回は悪いカードを例に挙げてみましたが、解釈によってはこのような希望を持てる結果にもなるのです。最悪のカードが出たからといってその関係が悪いように終わるというわけではありません。しかし何もしなければこのような結果になってしまうということをカードは教えてくれています。その問題や障害を回避するために、対策や解決法をカードからのヒントに従って考えていきましょう。