大アルカナの9番「隠者」のカード。

その隠者の手に持つランプからインスピレーションを得て生まれたスプレッド「隠者のランプ」について、今回はお伝えしていきます。

隠者のカードの意味とは?

隠者とは俗世間を捨て隠れて暮らす人のことです。

正しい道とは、周りの雑音を排除し、しっかりと内省することで見えてくることを隠者のカードは教えてくれます。

他者の評価に惑わされることなく、自分自身と向き合い出された結論こそが真実です。

想定外の問題が生じた時、人は目の前の問題にとらわれ、目指すべきこと、本質を見失うことがよくあります。

そんな時、自分の目指す位置を見失わず、そこに到達している未来の自分から客観的なアドバイスをもらうことが必要です。隠者はそんな未来の自分の姿でもあります。

隠者のカードで、右手には真理を照らすランプを持っています。左手には長く険しい道のりを支えてきてくれた魔法の杖があります。

今山頂に立つ隠者は「正しい道」を照らしています。

「正位置のもつメッセージ」

客観的に自分を見つめましょう。

正しい道に進むためには目標点と実績が頼りとなります。雑音に惑わされることなく、自分の道を歩みましょう。

客観的な第三者の目で自分自身を見つめる必要性をカードは説いています。

「逆位置のもつメッセージ」

雑音に惑わされ、本体の目標や意義を見失っています。

小さな目の前のことばかりにとらわれず、大きな視点、高い視点から見るようにしましょう。

正しい道は必ず見つかります。気持ちを落ち着けて、内省しましょう。

困難を避けてばかりおらず、未来をイメージし解決策をさがしましょう。

隠者のランプスプレッド

使用するタロットカードは11枚です。

「隠者のランプスプレッドの展開方法」

カードに問いかけたい質問を心の中で静かに思いながら、カードをよくシャッフルし、カットします。

1.場の中央少し上側に1枚目を置きます。

2.1枚目からカード一枚分空けて下側に2枚目を置きます。

3.1枚目と2枚目の間に3枚目を置きます。

4.3枚目の右側に4枚目を置きます。

5.3枚目の左側に5枚目を置きます。

6.4枚目の上に6枚目を置きます。

7.4枚目の下に7枚目を置きます。

8.2枚目の左側に8枚目を置きます。

9.5枚目の上に9枚目を置きます。

10.1枚目の上に10枚目を置きます。

11.6枚目の右斜め上、10枚目までのカードのかたまりから少し離れた所に11枚目を置きます。

「カードの配置とそれぞれの意味」

1.「願望」

自分の持っている願望について表しています。

2.「鏡」

その自分の願望を否定する心の葛藤を表しています。

3.「現状の心理」

1枚目と2枚目から生まれた現在の心理状態について表しています。

4.「味方にする環境」

自分にとって有効な、環境からの影響について示しています。

5.「敵対する環境」

自分の願望をおびやかす、環境からの影響について示しています。

6.「情熱」

四元素「火」に対する、自分の発散心理について表しています。

7.「ゆらぎ」

四元素「水」に対する、自分の流動心理について表しています。

8.「防御」

四元素「土」に対する、自分の安定心理について表しています。

9.「攻撃」

四元素「風」に対する自分の工場心理について表しています。

6枚目、7枚目、8枚目、9枚目の4枚は同属性のコート及び、小アルカナの場合は、3枚目の中心心理を引き寄せるものとします。

10.「天からの啓示」

この問題のもつ意味について示しています。

11.「隠者の知恵」

この問題に対するカードからのアドバイス。

「隠者のランプ」は、暗闇を照らす真理の光であり、知恵である隠者のランプからインスピレーションを得たスプレッドでした。

困難に直面し目標や意義を見失ってしまったと感じる時、良かったら是非占ってみてください。