気になる片思いのあの人との相性を知りたい。大切な人との相性を知りたい。

恋愛において、相手との相性は気になりますよね。

もちろん恋愛だけではなく、仕事関係、友人関係など人間関係全般において、相性を知りたいと思う方も多いとおもいます。

今回はそんな、相性を占うことの出来るスプレッドを2つご紹介します。

恋の相性占い

オリジナルスプレッドのようですが、純粋に「相性」を占いたいときに特化したスプレッドです。

このスプレッドでは相手と自分の相性、そして両者を結びつけるキーワードを知ることが出来ます。

古代ギリシャの哲学者であるプラトンの提唱した「魂の三分説」と同じ「頭」「心」「体」を模したようなスプレッドとなっています。

「展開方法」

タロットカードをよくシャッフルし、上から1枚ずつめくって並べていきます。

まずは場の左側に上から下に向かって3枚カードを並べます。

更に場の右側に同じく上から下に向かって3枚カードを並べます。

そして、今並べた左右の三段の真ん中に上から順に3枚カードを並べます。

合計9枚のカードが並び、スプレッドは完成しました。

「カードの配置とその意味」

左側の3枚は自分を表しています。

右側の3枚は相手を表しています。

中央の3枚は両者を結びつけるキーワード(ヒント)を表しています。

そして、3段の1番上の段は「頭」を表しています。

お互いの見た目の印象はどのようであるか?現在どのような関係にあるのか、どのように意識しているかということを示しています。

中段は「心」を表しています。

本来の性質や、どのような相手を好む傾向があるかといったことを示しています。相性の核となります。

1番下の段は「体」を表しています。

セックスの相性を表しています。恋愛や結婚において大切に考えたい問題です。

「読み取り方」

左右それぞれのカードを見比べ、お互いの相性を判断します。しかし、それだけでは判断に困る場合、中央のカードを読みます。キーワードやヒントとなるカードなので、それを参考にお互いの相性を読み取っていきます。

そして、この中央のカードは両者を結びつけることの出来るヒントをくれるカードです。

今回は「恋の」と書きましたが、友人や仕事のパートナーなど様々な相性を占うことが可能です。

ヘキサグラムスプレッド

タロットカード占いにおいて、最もよく使われるスプレッドの一つです。

恋愛、仕事、人間関係など様々な場面において、お互いの現状、潜在意識、未来を対比しながら読み取ることができるスプレッドで、お互いの気持ちの一致や相違をダイレクトに知ることができるので、深く相性を読み取るのにおすすめのスプレッドです。

「展開方法」

質問したい相手とのことを静かに思いながらカードをシャッフルします。その後カードを裏向きのまま1つの山にまとめ、更にその山を3つに分けます。この時、潜在意識と直結しているとされる左手で行います。

そして3つの山を1つにまとめ、準備は完了です。

ヘキサグラムは六芒星の中央に1枚カードが置かれる形となるので、正三角形と逆三角形が重なるレイアウトをイメージしながら順に並べていくようにします。

場の少し上方に1枚目を置きます。

1枚目の右斜め下に2枚目、2枚目の左側に3枚目を置き、正三角形が完成しました。

2枚目と3枚目の中央少し下方に4枚目のカードを置きます。

4枚目の左斜め上に5枚目、5枚目の右側に6枚目のカードを置きます。この3枚は逆三角形のイメージです。

完成した六芒星の真ん中に7枚目のカードを置きスプレッドは完成です。

「カードの配置と意味」

数字はカードを並べた順番になります。

1と4「置かれている状況」

1が自分の現状、4が相手の現状を表しています。

2と5「お互いに対しどのような感情を抱いているのか」

2は自分の潜在意識、5は相手の潜在意識を表しています。

3と6「相手との関係性、今後どうなっていきたいと望んでいるか」

3は自分の未来、6は相手の未来を表しています。

7「2人の関係が今後どうなるか?より良くなっていくために心がけるべきこと」

より良い未来に向かっていくためのアドバイスを表しています。

相性を占うためにおすすめのスプレッドを2つ紹介しました。

ぜひ占ってみてください。