「なかなか良い出会いがない」「付き合っても長続きしない」など、恋愛の悩みは様々です。

自分に運命の人はいるのだろうか?どうすれば出会えるのだろうか?と考えたことはありませんか?

今回はそんな恋愛の悩みにおすすめのスプレッドをご紹介します。

フォーカード

まずは「過去」「現在」「対策」「未来」を占うことのできるフォーカードをおすすめします。

使用するタロットカードは大アルカナの22枚のみを使用する場合と、フルデッキを使用する場合があります。

どちらでも構いませんが、タロットカード占いを始めたばかりの方は大アルカナのみを使って占うことをおすすめします。

「展開方法」

まず、占いたい内容を心の中で静かに思い浮かべます。

例えば「運命の人に出会うことはできますか?どうすれば出会えますか?」など、自分の想いをまっすぐカードに質問します。

タロットカードをシャッフルしカットしていきます。

しっかりシャッフルしたら、山を1つにまとめ、上から順に4枚左から順に裏向きのまま並べていきます。

これでスプレッドは完成です。

1枚ずつ表に向けて読み解く方法と、一度に4枚ともめくり読み解く方法があります。

「カードの配置と意味」

左から順に、

「過去」

過去に運命の人に出会えていたかの状況を表しています。

「現在」

現在、運命の人に出会えているかということを表しています。

「対策」

運命の人に出会う確率を高める為の対策を示しています。

「未来」

少し先の未来(2週間から1ヶ月ほど先)に運命の人と出会えているかということを表しています。

クロススプレッド

タロットカード占いの基本的なスプレッドで、5枚のカードを使って占います。

5枚というシンプルな枚数で占うので、運勢の特徴をシンプルにつかむことができ、心の状態を知ることができます。

自分の心の癖が作り出す運勢を知ることで、未来への開運のコツをつかむことができるスプレッドです。

基本的には5枚のカードで展開するのですが、運命の相手と出会う方法を占いたい場合は、もう一枚宮廷札を5枚の外に展開することで、その相手がどんな相手か?ということも知ることができます。

ちなみに宮廷札とはコートカードとも呼ばれます。

小アルカナの各スーとのペイジ(小姓)、ナイト(騎士)、クィーン(女王)、キング(王)のカードのことを指します。

「展開方法」

まずは大アルカナの22枚を使ってクロススプレッドの展開をしていきます。

静かに心の中でカードに問いかけたいことを思い浮かべてシャッフルします、そしてカットし、カードを並べていきます。

1.場の左側に1枚目を置きます。

2.場の右側に2枚目を置きます。

3.場の上方に3枚目を置きます。

4.場の下方に4枚目を置きます。

5.そして4枚のカードの中央に5枚目を置きます。

そして、5枚展開した、クロススプレッドの外側にコートカードを一枚展開します。

「カードの配置と意味」

まず4枚目の位置のカードが「背景や環境」を表しています。

出会いに関する傾向や要素の一番強く現れるカードとなります。

3枚目の位置もカードは「願望や恐れ」を表しています。

1枚目の位置のカードは「過去」を表しています。

5枚目の真ん中のカードは「現在」を表しています。

2枚目の位置のカードは「未来」を表しています。

外側に展開したコートカードは、その相手がどのような相手であるかを表しています。

リーディングはインスピレーションを大切に

いかがでしたか?

運命の人に出会えるのかという悩みにおすすめのスプレッドを2つ紹介しました。

恋愛や出会いについて占うときには、その出会いを妨げているものは何なのか?または、出会いを導いているものは何なのか?といった見極めが大切になります。

カードから得られるインスピレーションを大切に占ってみてください。