タロットカードにも様々な種類のデッキがあります。

今回は少し変わった、風水に基づいたタロットカードを紹介します。

易タロットカード(イーチンタロットカード)

「易タロットカードとは?」

中国発祥の易占い(易経)の文化と融合させ、易に用いられる「大成卦(だいせいか)」をカードに描いて作られたのが易タロットカードと言われるものです。(イーチンタロットカードとも言われます)

いつ頃誕生したのかは定かではありませんが、世界中で様々な絵柄の易タロットカードが作られています。

「易タロットカードの構成」

一般的なタロットカードは大アルカナが22枚、小アルカナが56枚の計78枚で構成されます。

しかし、易タロットカードは六十四卦それぞれの模様が描かれた64枚のカードで構成されています。

様々な絵柄のものが作られていますが、全てがこの六十四卦のカード構成で作られています。

「カード番号」

六十四卦に属するデッキなので、易タロットカードは1から64までの連番が記載されています。

「正位置、逆位置」

タロットカードではカードが上下どちらを向いているかで解釈が全く変わってくる「正位置」「逆位置」の考え方がありますが、易タロットカードには、正位置、逆位置という考えはありません。

なので、全てのカードには1つの正位置としての意味しか持たないので、占う際には、具体的で明確な質問を決めて占うことが大切です。

「シャッフル」

易タロットカードには正位置、逆位置の考えが無いため、シャッフルの方法もどのようにしても構いません。

トランプを切るようなヒンズーシャッフルで混ぜ合わせるだけでも良いです。

「スプレッドの手順、配置」

易タロットカードでは占う際、シャッフルした後に質問を決め、1つの山になったデッキを2つに分け、その上の束の一番下のカードを引き出すようにします。

これは、易タロットカードにおいて、一番重要な場所に位置するカードは、この上の束の一番下のカードとなるからです。

「カードの意味」

カードの意味もタロットカードに似た部分もありますが、やはり違うものなので、解説書などを読みながら、何度も使ってみてそれぞれのイメージを掴んでおくと良いです。

慣れるととても面白いデッキです。

風水タロットカード

もう一つ紹介したいのが、風水タロットカードです。

オリエンタルな雰囲気と、カラフルな色彩が特徴的なタロットカードです。

古代中国の思想である風水に基づき生まれました。

この風水タロットカードは一般的なタロットカードと同じ、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚の合計78枚で1つのセットとなっています。

大アルカナには、右側にカードの名称と番号、そして八卦の意匠が描かれています。

大アルカナのうちの2枚、13番のカードと15番のカードはそれぞれ、「Death(死神)」が風水タロットカードでは「Transition(変遷)」、「Devil(悪魔)」が風水タロットカードでは「Materialism(唯物論)」となっていて、通常の一般的なタロットカードとは少しだけ異なるカードの構成となっています。

小アルカナでは、右側にカードの名称と番号が描かれ、天の四方を司る霊獣である「白虎」「玄武」「朱雀」「青龍」がスートになっています。

また、コートカードでは、キングは「乾」、クィーンは「坤」、ナイトに「震」、ペイジに「兌」の漢字が当てられています。

裏柄は正位置と逆位置の区別のつかないデザインになっています。

こちらのデッキは、一般的なタロットカードと構成が同じなので、タロットカードに慣れている人には使い易いデッキだと思います。

個性的なデッキも面白いです

いかがでしたか?

このような個性的なデッキもあります。

絵柄がオリエンタルで一般的なタロットカードとはまた雰囲気が違うので使ってみるのも面白いと思います。

よかったら一度手にとってみてください。