このカードには、砂漠で、腰まで砂に埋もれた状態で、目隠しをされた男性が、描かれています。その男性の周りを八本のソードが囲んでいます。正位置は、危機的な状況、束縛され、孤立無援の状態を表し、逆位置は、意識的に生活環境を変えることによって、運気を好転させること、またはわずかな救いがあることなどを象徴します。

正位置

窮地に追い込まれ、周りのものが目に入らず、正しい判断ができない状態です。人から非難を受け、誰も助けてくれる人がいません。後悔の念に悩まされることもあります。

・恋愛において

片思いの相手には、どうやら恋人がいるようです。その恋人は嫉妬深いようなので、へたに相手に好意を示さないようにしましょう。カップルの人は、相手をあまり束縛しないようにしましょう、また、相手から束縛されていると感じていると、その思いがだんだん強くなり、付き合いが負担になって、別れることになります。交際相手の家族が、自分のことを快く思っていない暗示です。最近、自分が原因で、恋人との別離を体験した人は、別れたことを次第に後悔し始めます。

・仕事において

仕事上で大きなミスをして、周りから非難され、社内で孤立する恐れがあります。ただ、会社を辞めると、後悔する暗示です。今は我慢の時と耐えましょう。勤めている会社が、倒産するかもしれません。会社経営者は、業績が悪化し、倒産の恐れがあります。自分では冷静にその原因を判断できない状況であれば、専門家に相談しましょう。フリーランスで仕事をしている人は、今、手掛けている仕事がなくなる可能性がありますので、早めに新規獲得の営業活動を始めましょう。

・金運

個人的なお金の貸し借りが、大きなトラブルに発展する恐れがあるので、極力、控えましょう。自己破産の暗示があるので、お金の使い方を今一度、見直しましょう。

逆位置

今、危機的状況にある人は、転職、引っ越し、重荷になっている人間関係を絶つなど、今までの生活を意識して大きく変えてみると、運気が好転します。また、どん底にいると感じていたところ、だれかが救いの手を差し伸べてくれる暗示です。

・恋愛において

長い間片思いをしていて、半ばあきらめかけていた人は、相手が好意を寄せ始めている可能性があります。カップルの人は、相手への気持ちが冷めている、関係が苦痛になっていることが、はっきりと意識されるようなら、思い切って分かれましょう。その方が後の恋愛運が、好転する暗示です。新しい仕事先で、恋が芽生えます、または、勤め先に新しく入社した人と恋仲になる可能性があります。知り合いが、紹介してくれた人と付き合い始めるかもしれません。

・仕事において

配属先が変わると、職場の人間関係がよくなり、仕事の成果も上がる暗示です。転職を考えている人は、今がチャンスです。会社経営者は、業績が少しずつ回復し、融資が受けられます。フリーランスの人は、今まで縁のなかった分野に目を向けると、新規クライアントが見つかります。

・金運

低迷していた金運が、徐々によくなります。引っ越しをすると、手伝ってくれる人が出て来て、思ったより費用が抑えられるかもしれません。

まとめ

生きている限り、誰でも、何もかもがうまくいかない、不運のスパイラルとでも呼べるような状況に陥ることがあります。それは自分の行いが原因であることもあり、また、外的要因のせいで、自分自身はなす術がない、という場合もあります。そのような時は、スパイラルを断ち切るために、思い切って、生活環境を変えてみましょう。同時に、冷静になって自分の置かれている状況を見るように努めると、わずかな希望、チャンスがあることに気付いたりもします。