空中に、九本のソードが地上と平行になって、浮かんでおり、その下に、若者が沈痛な面持ちで、横たわっています。ソードは、空を飛ぶ矢のようにも見え、時間の流れを象徴しています。このカードは、心配ごと、悲しみ、失望などを表しています。時間性を表すカードでもあるので、後悔の念、将来への不安を暗示します。

正位置

何か、心配ごと、大きな悩みを抱え得ていて、それが簡単に解決しない暗示です。過去に犯してしまったことへの後悔、将来への不安から、眠れないこともあります。病気にかかったり、流産の恐れもあります。

・恋愛において

片思いの相手の嫌な面を発見する機会があり、幻滅します。カップルの人は、相手が浮気をしているのではないか、心が離れかけているのではないか、という心配が出てきます。また、付き合い始めたばかりの相手の言動に失望し、それが原因で別れる可能性があります。婚約者が重い病気にかかる、反対に自分が、完治しにくい病気であることが判明し、結婚が延期になる可能性があります。妊娠中の人は、流産に注意してください。

・仕事において

進行中のプロジェクトの懸念していた点が現実化し、プロジェクトそのものが中止になる可能性があります。勤めている会支社の業績が徐々に悪化し、倒産の心配が出てきます。憧れの企業に就職できたにも関わらず、任された仕事が意に添わず、がっかりするかもしれません。仕事のストレス、過労のせいで、大きな病気になる可能性があります。不調を感じている人は、早めに医者に診てもらいましょう。

・金運

何かの理由で収入が減ったり、途絶えたりする恐れがあります。入って来る予定のお金が入って来ないことが分かり、がっかりする暗示です。結婚している人は、配偶者が病気で働けなくなることにより、生活が困窮する可能性があります。また、借金が膨れ上がる心配があります。

逆位置

自分の中に抱えていた、心配ごと、失望の気持ちが、悪いかたちで外に出てしまいます。親しい人とけんかや口論になったり、結果、他人を中傷したりして、自己嫌悪に陥ります。

・恋愛において

片思いの人は、意中の人が、自分の悪口を言っていることを知り、大きなショックを受ける暗示です。カップルは、相手の浮気を疑っていましたが、それは事実だということが発覚します。その後、けんかが絶えなくなり、まもなく破局してしまうかもしれません。既婚者は、過去に起こった不和の原因となるできごとが、きちんと解決されないまま、夫婦げんかが続いていますが、配偶者は離婚を考え始めている可能性があります。

・仕事において

職場の同僚との関係が悪くなります。仕事に関する意見の対立から始まって、互いに感情的になり、職場が険悪な雰囲気に包まれるようになります。仕事仲間の悪口を言ったところ、それが話に尾ひれがついて本人に伝わり、修復不可能な関係に陥ります。長居付き合いのある取引先との交渉が、とても悪い形で、失敗する暗示です。

・金運

悪かった金運が少しずつ、回復しています。人から投資話を勧められますが、将来的に大きな損失を被る可能性があります。断った方がいいでしょう。

まとめ

現在、抱えている心配ごと、過去の失敗を悔いる気持ち、将来への不安など、生きている限りは、心配や不安の種は尽きることがありません。心の不安は体の不調につながり、重い病気を引き起こすこともあります。過去の失敗は糧とし、先のことは考えても仕方ないと楽観的に考えましょう。現在抱えている問題も、時間の変化によって、いい方向に変わったり、今、不運と思えることが、意外な幸運を招き寄せることもあるのです。