身体を十本のソードによって、刺し貫かれ、うつぶせになった若者が、描かれています。不運、大きな苦しみ、心の痛みなどを表し、もがけばもがくほど、傷口が広がってしまいます。ただ、背景には明るい空が広がっており、これから少しずつ運気が上昇していくかもしれません。逆位置は、一時的な好転を表します。

正位置

救いのないような苦しみに襲われたり、非常に惨めな気持ちになったり、自分の不運を痛感します。あせりから、軽率な行動を取るなど、自分で、状況を悪化させてしまう恐れもあります。

・恋愛において

失恋のカードです。その後、鬱になってしまうほど、精神的打撃を受けるような、ひどいフラれ方をするかもしれません。片思いの人は、自分の思慮のない言動が原因で、相手に嫌われてしまいます。カップルの人は、お互い色々な不満がたまりにたまって、別れることになります。ところが、別離の後は、あまり気持ちがすっきりすることもなく、しばらく心の痛みが続きます。付き合っていた恋人を友人に奪われます。共通の友人が多いので、みじめな思いをします。

・仕事において

仕事の大きなトラブルに見舞われます。自分のせいではないのですが、不運から、責任を負うことになり、それが原因で、精神的に病んでしまう恐れがあります。職場で、同僚の目の前で、上司からひどい叱責を受け、屈辱感を味わいます。離職に追いこまれるかもしれません。

・金運

金運は最悪の状態です。破産したり、全財産をだまし取られたりする可能性もあります。借金が膨れ上がる可能性もあります。また、今、抱えている不運は、お金では解決できないということを肝に銘じてください。

逆位置

つかの間、有利な立場に立つことができますが、根本的な問題は解決していません。ほんの少し、明るい兆しが見え始めます。

・恋愛において

片思いの相手に対して、失礼な言動をしてしまいますが、相手はそれを許してくれるでしょう。ただ、それは単なる、許しであって、恋愛感情ではありません。無理だと諦めていた片思いの相手が、少し好意を寄せ始めます。相手の浮気が原因で関係が悪くなっていたカップルは、浮気が清算され、元通りになりますが、相手はまた、新しい浮気相手を見つける暗示です。自分から別れ話を切り出した場合、相手は別れたくない様子で、一時的には優しくなりますが、根本の性格は変わらないので、最終的には分かれることになるでしょう。

・仕事において

会社の業績が回復基調に向かいます。険悪になっていた上司あるいは部下との関係が、一時的によくなりますが、また、仕事上のトラブルなどがきっかけで、元にもどってしまう暗示です。会社経営者は、銀行融資が受けられることになり、少し経営が楽になりますが、早いうちに、根本的な問題を解決すべきです。

・金運

金運は、短期間でよくなったり悪くなったりと、不安定な時期です。臨時収入がありますが、あっという間に使ってしまう暗示です。長く続けていた投資が、いつの間にか利益を生んでいますが、額はそれほど大きくありません。

まとめ

どん底にいる、と思える時期が長く続いた後、今、底を打った、という感覚を、突然、持てることがあります。後は上昇するのみです。そのような感覚を持てた時には、できるだけ高いところまで届くように、底を思い切り強く蹴る自分をイメージしましょう。