あなたは占いを信じますか?

占いは当たるも八卦、当たらずも八卦とも言われますが、悩みがあるときに、解決の突破口となることもあります。

特に、タロットカード占いは、14世紀にヨーロッパで始まったそうで、古代エジプトや古代ユダヤが起源とも言われています。時代を経て進化・改良が続けられ、占いとしての完成度が高く、タロット占いの結果に信頼を置く人も多いです。

占いはプロに見てもらうという人が多いかもしれませんが、プロの占い師には結果をストレートに伝えるのではなく、オブラートに包む人も多いようです。そこで、自分自身で占えると、自分自身の悩みに対して偽りのない率直な結果を得ることができるようになります。また、自分自身で占って道しるべを得ることができるので、占い依存になる可能性が低くなります。

先行きが不安定なこの世界で、自分自身で生き方を切り開くためにも、タロットカード占いを学んでみませんか?この記事では、人気の高いタロットカード・占い師資格についてご紹介します。

①タロットカード占いインストラクター

タロットカード占いインストラクターは、日本インストラクター協会(JIA)が主催する試験に合格することで認定あれる資格です。JIAは、教えるという技術の基準を定めその基準を超えていることを認定する団体です。タロットカード占いインストラクター以外にも、夢占いアドバイザー、緑茶インストラクター、サナトリウム健康アドバイザーなどの認定をしています。

タロットカード占いインストラクター認定試験には受験資格が特にないため、タロットカードや占いに興味がある人ならだれでも受験することができます。受験申し込みはインターネットから可能で、自宅受験できます。受験料は10000円です。

タロットカード占いインストラクターを取得すると、タロット占いを自分でできるようになります。もちろん、自分自身を占うこともできますし、友人・知人を占うこと、タロット占い師として活躍することもできるようになります。

②スピリチュアルタロットアドバイザー

スピリチュアルタロットアドバイザーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する認定試験に合格することで取得できる資格です。

JAAMPは、心のケアを中心とした技術について基準を定め、その基準を超えていることを認定する団体です。スピリチュアルタロットアドバイザー認定試験以外にも、夢鑑定セラピスト認定試験、ストレスケアマネージメント認定試験、風水セラピスト認定試験、アロマヒーリングセラピスト認定試験など様々な認定試験を実施をしています。

スピリチュアルタロットアドバイザー認定試験には受験資格が特にないため、タロットカードや占いに興味がある人ならだれでも受験することができます。受験申し込みはインターネットから可能で、自宅受験できます。受験料は10000円です。

タロットカードを使うのに霊的な能力など、特別な力は不要です。しかし、このスピリチュアルタロットアドバイザー資格を取得することで、目に見えないスピリチュアルな感覚を、五感をフルに活用して深く占えるようになります。

③タロットリーディングマスター

タロットリーディングマスターは、日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格です。資格の認定試験を受けるためには、事前にタロットリーディングマスター通信講座を修了する必要があります。

タロットリーディングマスター通信講座は、受講料が48000円と高額ですが、豊富な占い経験と多くの著書を持っているベテランのタロット占い師が監修しており、初心者でもじっくりとタロット占いを学ぶことができます。

タロットリーディングマスター認定試験は、通信講座修了後に随時申し込むことができ、自宅受験が可能です。受験料は5600円で、正解率7割以上が合格基準となっています。

④タロットリーダー・インストラクター

タロットリーダー・インストラクターは、タロットリーダー協会(TRA)が認定する資格です。認定を受けるには、タロットリーダー・インストラクター養成講座を修了し、タロットリーダー・インストラクター試験に合格する必要があります。養成講座の受講料は、20万円を超えます。