このカードには、右と左の手に一枚ずつ大きな金貨を持っている男性が描かれています。車輪のようにも見えるその金貨には、キャタピラのようにロープがかけられていますが、そのロープは二つの金貨の間で、交差しています。そのため、無限大記号に見えますが、同時にねじれを表し、金貨を持つ男性は、戸惑いの表情を隠せません。このカードは時間性とトラブルを象徴しているのです。

正位置

トラブル、時間とともに悪化すること、運勢の後退などを表します。

・恋愛において

幸せだった時期が終わり、二人の関係に亀裂が入るかもしれません。徐々に心が離れて行き、自然消滅のかたちで恋愛が終わるかもしれませんし、逆に、大きなトラブルが原因で、突然に別れが訪れる可能性もあります。

・仕事において

今までうまく行っていた仕事の勢いが急に衰えて来たリ、業績が悪化する心配があります。また、二つのことを同時に行ったために、両方とも失敗してしまうケースも暗示しています。大きなプロジェクトを抱えている場合は、それに集中した方がいいでしょう。また、副業を始めようと計画している人は、しばらくは様子を見る、または、計画を一から見直した方がいいかもしれません。

・金運

金運も悪化し、金銭的トラブルに巻き込まれる可能性があるので、保証人になったり、人にお金を貸すのは控えた方がいいでしょう。

逆位置

表面的にはうまくいっているように見えることが、水面下では悪い方向に向かっている、または、本当の問題から目をそらしたことにより、大きなトラブルに発展する未来を表します。また、盗難に遭う可能性も示唆します。

・恋愛において

失恋の後に、寂しさをまぎらわすため、好きでもない人と付き合ったり、本命の彼へのあてつけで浮気をしたりすると、思いもよらないしっぺ返しを受ける可能性があります。冷静に自分や相手との関係を見つめる時間を持つことが、いい恋愛に結びつき、また、恋人との関係が好転するきっかけになります。

・仕事において

一見、成功しているように見える仕事が、実は大きなトラブルを引き起こす可能性があります。特に新しいプロジェクトなどは慎重に進めるようにしてください。また、信頼していた同僚に足を救われる危険性があるので、特に仕事上の重要な情報は、限られた人以外には漏らさないように注意しましょう。

・金運

ものごとが行かない時期ですが、浪費によって憂さ晴らしをしたりすると、不運を招く暗示があります。買い物によるストレス解消も避けた方がいいでしょう。また、賭け事は失敗するので、しばらくは、控えてください。盗難に遭う恐れがありますので、特に旅行先などでは、スリ、置き引きなどに注意しましょう。

まとめ

正位置・逆位置とも物事がスムーズに動かないことから起こるトラブルを表すカードです。ペンタクルは、金運とスキル、技術をも表すので、特に仕事のトラブルを暗示します。時間とともに物事が悪い方に進むケースが多いので、何事にも慎重な態度をとり、結果を急がず、悪い運勢が過ぎるのを待つのが吉です。