地上に三本のワンドが立っており、その中から一本を選ぶ若者の姿が、描かれています。このカードはワンド2に続く意味を持っていて、進む道を選んだ後に、その道を歩み続けながら、ものごとをどんどん拡大、発展させていくことを表しています。

正位置

拡大や発展を象徴します。人間関係が広がります。仕事では、事業をうまく拡張していくことを表します。交渉が成功するという意味もあります。

・恋愛において

フリーで特に恋人探しをしていなかった人は、急に交際範囲が広がり、その中に将来の恋人がいる可能性があります。片思いの人は、相手の気持ちが友情から恋愛感情に移りつつあります。単なる飲み仲間の一人だったのが、まもなく二人きりで会う関係になるでしょう。カップルの人は、あまり結婚に気乗りしていなかった相手を結婚したいと思わせることに成功します。友人が協力してくれる暗示です。

・仕事において

仕事の成績がどんどん上がります。今までの努力がやっと実った、という満足感、達成感を得られます。長引いていた取引先との交渉が自分にとって最良のかたちで成功します。会社経営者にとっては、今がビジネス拡大の時期です。波にのっている時期なので、躊躇せず、設備投資、人材獲得に務めて、事業を拡げていきましょう。新規クライアントの獲得も、うまく行く暗示です。

・金運

収入が上がります。資産も増やせる時期です。資産運用をしている人は投資金額を増やしてみましょう。思わぬ利益が上がるかもしれません。

逆位置

順調に拡大していると信じていたものが、突然、消えてしまうようなかたちで終わります。企業解散、一家離散、離婚などを表します。慢心、油断、自信過剰など原因は自分にあるようです。長い間続いていたトラブルもひとまず、終結しますが、けっして自分にとっていい形で終わったとは言えません。

・恋愛において

片思いの人は、すでに両想いの一歩手前にいると思われた恋に破れます。恋敵が存在していたのですが、自分は気が付かなかったようです。カップルの人は、自分たちはラブラブだと信じ切っていたのに、突然、破局を迎える暗示です。一方的に別れを言い渡されるかもしれません。結婚を前提に付き合っている相手を、親に紹介しますが、気に入ってもらえない暗示です。もしくは、自分が相手の親に気に入られません。時間をかけて説得していきましょう。離婚が成立します。長く続いていた離婚裁判が終わりますが、自分に不利なかたちで決着がつくことになる恐れがあります。

・仕事において

勤め先で自分が所属していた部署が突然、解散になります。または、勤めていた事業所が閉鎖になります。自分が携わっていたプロジェクトが突然、中止になるかもしれません。自分の会社が他社に吸収合併され、その結果、閑職に回される可能性もあります。会社経営者は、パートナーとの間で続いていたもめ事に決着がつきますが、その結果、会社を閉めることになりそうです。

・金運

全財産を失うような、何かが起こるかもしれません。家族の借金が原因で一家離散の可能性があります。自分が借金を負わなくて済むように、すぐに専門家に相談しましょう。

まとめ

交友関係の広がり、ビジネスの拡大、資産増大など、自分の世界がいい方向にどんどん大きくなっている、広がっているという感覚を持つことがあります。その時は、不安な気持ちを払拭して、その波に乗るように努めましょう。ただ、慢心、自信過剰で他人に尊大な態度を取ったりすると、その追い風がウソのように止まり、手にしたものを失ってしまうことがあります。常日頃から、謙虚、謙遜、他人への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。