このカードには、手を取り合う男女の姿が描かれています。空いている方の手には、二人とも花を持ち、それを空に向けて掲げています。前面には、四本のワンドが左右二本ずつ立っていますが、棒の先には花が蔦い、まるで二人を迎える花のアーチのようです。さらに、二人の後ろには大きな建物が見えますが、これは愛の住処なのでしょう。安らぎ、平和、協調性などを表すカードです。

正位置

安らぎ、平和、穏やかさなどを表し、恋愛においては、幸せな結婚を象徴します。田舎、故郷などの意味もあり、協調性を意味することもあります。

・恋愛において

家庭的で幸せな結婚に結びつく、恋愛を意味します。片思いの人は、相手は、心の安らぎを与えてくれるような人を求めているようです。まずは、聞き役になってあげましょう。 フリーの人は、派手さはないけど、安らぎを感じさせる、癒し系の異性が現れたら、電撃結婚をする可能性があります。カップルの人は、近いうちに結婚話が出る暗示です。結婚すれば、平和で安らぎの感じられる家庭を、築くことでしょう。幼なじみの異性と同窓会などで再会し、それがきっかけで、付き合い始めるかもしれません。

・仕事において

仕事仲間に対して、自分の意見を無理に通さず、相手に合わせるようにすると、と急に仕事がうまく行き、自分の意見も通りやすくなります。苦手な上司が、転勤あるいは退社して、職場の居心地が、よくなる暗示です。Uターン・Iターン就職にツキがあります。

・金運

金運もよく、これから収入が、上がって行く暗示があります。臨時収入が、あるかもしれません。少額なら、旅行など、リフレッシュに使いましょう。額が大きければ、住宅購入資金に回すのが吉です。

逆位置

心が疲れていて、安らぎを求めています。見た目は華やかだけど、安らぎを感じさせないものに疑問を感じ始めます。

・恋愛において

恋人募集中なのに、なかなか相手が見つからないという人は、見かけばかりにこだわっていませんか?内面的なものに目を向けるように意識すると、人の見方が変わります。カップルの人で、最近相手が会いたがらないことに不安を感じている人は、心が離れているのではなく、仕事のトラブルなどで疲れているからです。しばらくそっとしてあげた方が、またいい関係に戻ります。

・仕事において

仕事が思うようにいかず、ストレスを感じ、休息を必要としています。それが許されない状況ですが、このまま無理を続けると、重い病気にかかる可能性もあるので、注意してください。就職活動がうまく行きません。理想を追いすぎている可能性があります。華やかな業界で仕事をしている人は、実は自分に向いていないことに気付くかもしれません。

・金運

浪費の暗示です。特にブランド物が好きで、身の丈に合わない高価なものを買ってしまい、月末にはたいてい金欠状態です。これからは、無駄遣いを改めて、結婚資金の名目で貯金を始めましょう。

まとめ

ひたすら走り続けるような人生を送ることはできません。特に心が疲れた時には、休息をとる必要があります。過労気味だと思ったら、休暇を取る。仕事から帰ってきたら、安らぎの感じられる家庭を築く。都会生活が合わない人は、地方に移り住むのも一つの方法でしょう。心を休ませる方法は、人それぞれです。