馬に乗った若者が、一本のワンドを手に掲げて、こちらに向かって来ます。若者は自信に満ちあふれた表情をしており、ワンドの先には、月桂冠が結ばれています。正位置は、勝利、前進、朗報などを、逆位置は、停滞、後退、劣勢などを表します。また、旅行を意味するカードでもあります。

正位置

勝利、成功、前進、躍進などの好調な運勢を表しています。自信、自尊心などを象徴します。また、旅行にツキがあります。

・恋愛において

片思いの人は、両想いにならないまでも、意中の人に以前より近づけた、と感じるようになります。または、遠巻きに見ていた片思いの相手が、実は自分に好意を寄せていることを、人づてで知る暗示です。フリーの人は、他人から羨まれるような素敵な異性に好意を寄せられ、自分に自信が持てるようになります。カップルで最近マンネリ化を感じている人は、旅行に出ると、出会った頃の新鮮な気持ちが蘇ってきます。また、結婚話が進む可能性があります。

・仕事において

仕事運は好調で、予想以上に成果を上げることができて、社内での評価が高まるでしょう。昇進の可能性があります。出張先で、仕事のツキがあり、交渉事がうまくいきます。海外の希望していた地域に赴任するかもしれません。就職活動中の人は、第一志望の会社から、採用の連絡がある暗示です。

・金運

昇給する、もしくは期待していた以上の賞与が支払われます。軽い気持ちで始めた投資が成功し、大きな利益を得ます。

逆位置

何もかもが滞り、停滞し、壁にぶち当たっているような運勢です。また、背信、裏切りの意味もあります。旅行運が悪く、行く予定だった旅行が中止になったり、旅行先で事故にあったり、大きなけがをしたり、病気にかかる暗示です。

・恋愛において

片思いの相手は自分の気持ちに気付いているのに、イエスともノーともはっきりしない場合は、その状態がしばらく続きそうです。カップルの人は倦怠期に突入し、そのまま自然消滅するかもしれません。交際相手には、実は他に付き合っている人がいて、その人との結婚話が進んでいるかもしれません。付き合いの長いカップルは、大きな危機を迎えているようですが、それを乗り越えると、また、いい関係に戻れる暗示です。これから結婚する人は、新婚旅行先で、泥棒に注意してください。

・仕事において

業績が伸び悩み、または落ちてしまう暗示です。特にクリエイティブ関係の仕事をしている人は、スランプとしかいいようのない状態に陥ります。望まなかった地方転勤を、命じられるかもしれません。就職活動中の人は、なかなか採用が決まらず、気持ちが沈んでしまいがちですが、自分に相応しい会社にめぐり合うまでの試練だと考えて、これまで通りの努力を続けましょう。会社経営者は、社員による横領に注意しましょう。

・金運

金運は、よくありません。無駄使いをしないように努力しても、冠婚葬祭、必需品の修理費用などの出費が続く暗示です。お金を貸した友人が、音信不通になるかもしれません。

まとめ

人生には何事も順調に進むときと、急に、何もかもが停滞し、壁に突き当たっているような感覚に襲われる時もあります。ただ、その壁を、乗り越えられると、また、前進できます。停滞期は、さらなる進歩のために必要な時期だと自分に言い聞かせて、努力を続けましょう。