タロット占いを嗜んでいる人は、身の回りの様々な出来事をタロットカードに問いかけてリーディングを楽しむということもあるでしょう。その中でも、自分の目標や願いがこのままで叶うのだろうかという疑問を投げかけたことがあるという人は多いのではないでしょうか。この記事では、タロット占いで自分の願いが叶うかを占う方法をご紹介いたします。

目標のためのヒントや対策

単純に願いが叶うか否かについての質問も良いですが、なるべく具体的に聞いた方がはっきりと読み取れるでしょう。例としては、願いをかなえるための行動はどうすればよいか、今動くべきか、それとも待てばよいのかなど聞くべきです。タロットカードは対象者の感情よりも意思を受け取ります。

いざ占いを

今回は「自分の願いを叶えるためには今動くべきか、待つべきか」という質問をすると想定して読み取っていきます。質問を決めたらカードをよく混ぜましょう。使うカードは初心者の方でもわかりやすいよう一枚のみを使うワンオラクルでカードをひきます。小アルカナも全て混ぜて78枚で使うのも良いですが、初心者ならば大アルカナのみを使うことをおすすめします。ではここでは大アルカナの「正義」が出たことにします。質問とカードを照らし合わせてリーディングしてみましょう。一つの解釈例をご紹介いたします。
自分から動くのではなく、迎えうつという状況になりそうです。その願いをかなえる前に、多くの障害が襲ってくるかもしれません。それを一つ一つ解決していかないと目標にたどり着くことはできません。逆に言えば、障害を乗り越えていけば道が開けてたどり着けるでしょう。その問題は力を使うだけではなく、相手や問題を受け入れたりすることも時には必要ですので、それらに関わる物事や人物をよく観察し自分の気持ちと照らし合わせてよく考えれば願いはかなうでしょう。・・・というのが一つの解釈です。タロットカードの種類によって絵柄も全く変わるものもありますのでよくカードを観察しましょう。同じ「正義」のカードでも、掛かれているモチーフが違えばまた意味も変わってきます。タロット占いの解釈に決まったものが無いように、一度決めてしまえばなかなか変更はできませんがカードそのものの意味だって自分のオリジナルに変えることだってできるのです。

さいごに

基本的にタロット占いはどんな質問でも対応できるような形の占いですが、質問の内容に合ったスプレッドもというのもあり、人間関係・恋愛関係ならばヘキサグラム法、一つの物事をより深く知りたいのであればケルト十字法、総合的な運勢を知りたいのならばホロスコープ法というのが適しています。もちろん合うスプレッドでないと適切な結果が出ないというわけではありません。プロでも使うスプレッドは2~3つという方もいますので、あまり気にすることではないかもしれません。今回使ったワンオラクルは一枚で占うという意味で、毎日の運勢を占うおみくじ的な感覚で占えるためとても気軽ですが、逆に言うと一枚しか読み取る要素がないので深いことを考えていくのは少し難しいかもしれません。一応方向だけでも知っておきたいという方にはおすすめのスプレッドですので、練習がてらにでも占ってみてください。

タロット占いで悪い結果になるカードとは

タロット占いは怖いというイメージを持っている人もいるでしょう。確かに、カードに悪魔や死神などが書かれていて、絵柄的に恐怖心を抱きやすいと思います。
しかし、すべてが悪いわけではありません。今回は、悪い結果として出るカードをご紹介します。しかし、それをご紹介する前に、覚えておいて頂きたいことがあります。それは、悪い結果のカード=悪い人生ではないということです。タロット占いは、確かに悪い結果も出ますが、それは、このままではこうなる、こういう行動をしていたら失敗する、などを出しているだけで、決定した未来ではありません。そのため、アドバイスとしての答えが導き出されてくるのです。
つまり、このままいっていたら危険だったことを回避できるように伝えてくれている、ということになります。
そのため、今回ご紹介したカードが出たからといって、ネガティブに考えるのはやめましょう。

悪い結果を意味するカード一覧

・大アルカナ「塔(The Tower)」
困難や崩壊を意味するカードで、絵柄も塔が崩れ落ちている物が描かれているのでわかりやすいでしょう。高い塔が落雷を受けて崩れ落ちる絵柄が一般的です。物事が動かない様子や、プライドを傷つけられることを暗示しています。
正位置でも、逆位置でも困難は待ち構えていそうですが、正位置の場合はその困難に感謝し、しっかりと謝るときは誤り、失敗を認めるときは認めてください。逆位置だった場合は、つまらないことでミスを犯してしまいそうか、心配しすぎて周りを振り回してしまいそうです。

・大アルカナ「吊るされた男(The Hanged Man)」
吊るされた男は、試練や努力、我慢を表すカードです。今は、何事も上手くいかずに、辛い時期に入ってきそうです。しかし、ここで頑張ることが、後に大きな成功へと繋がっていくので、中途半端に投げ出さないようにしましょう。このカードの場合、確かに辛いことはあるけれど、その先の成功が見えています。
逆位置の場合は、自信がなくなってしまったり、自分が悪いのではないかとネガティブに考えすぎてしまうことがあります。心配な時は、周りからアドバイスをもらうのも良いでしょう。

・大アルカナ「悪魔(The Devil)」
悪魔のカードは見るからに悪そうなカードですが、嘘や偽物、誘惑を意味しているカードです。上手い話が出てきたり、快楽に流されるような誘惑が迫ってきています。しかし、これは単に誘いに乗らなければいいのです。振り払える自信のない人は、信用している人に相談に乗ってもらいましょう。
そういったことが待ち受けている、というのが事前にわかっているので、あとはそれに乗らないよう対処していけば良いのです。逆位置の場合は本物と偽物の見分けがつかずに話に乗ってしまうことを表しています。

・大アルカナ「死神(The Death)」
死神のカードは孤独、欠乏を意味し、様々なものが離れていくことを暗示しています。しかし、ある意味断捨離をしてくれるので、最後に残ったものが本当に大切にすべきものという捉え方もあります。
嫉妬や執着心であれも欲しいこれも欲しいとするのではなく、しっかりと見極めていくことが必要となります。逆位置の場合は、大事だと思っているけれど、本当は必要かわからないという心の迷いが出ていることを暗示しています。