副業でタロット占いをしたいなら…

占い好きな方が多いのと同様、実際に占い師さんになりたいという方は多いです。
本業となると、かなりハードルが高くなりますが、副業ということならばやってみようと思うでしょう。副業が占い師でたくさん稼ぐというのは難しいですが、主婦がバイトやパートでなにか仕事をするならば、大好きな占いで稼ぐ方が楽しいでしょう。
今回は、タロット占い師さんとして副業をする場合のいくつかのルートをご紹介します。もちろん技術は身に付けておかねばならないので、しっかりと勉強してから副業に踏み出しましょう。

タロット占い師を副業で行う場合

基本的に、バイトやパート同様、まずは占い師の求人を探すところから始まります。
一部の人にしか目が言っていないため、インターネットだけでなく、様々な広告媒体で占い師の求人は紹介されています。
しかし、現在だと様々な形の求人サイトが出ているため、自分に合った占いスタイルを選ぶのにはインターネットが一番早いでしょう。では、占いスタイルとはどのような種類があるのでしょうか。そのスタイルによっては、地方に住んでいる方でも、日本各地の人を占うことが出来ます。自分に合ったスタイルを見つけ出し、副業の働き口を決めましょう。

占いスタイルについて

・対面スタイル
対面スタイルは、占い師さんをイメージしたときに一番思い描きやすい姿でしょう。
実際に会っているため、相手からエネルギーも感じやすく、その場ですぐに意思疎通が出来るので占いもしやすくなります。しかし、副業での占い業と考えたときに、あまり求人として募集しているところも少なく、場所が固定され、時間も指定された時間で行わなければいけないので少し大変になります。

・電話スタイル
電話スタイルも、対面スタイル同様昔から需要の多いものです。時間の指定はあるものの、対面スタイルと違って自宅でも行えるのは嬉しいでしょう。
顔を見せることもなく、インターネットでの難しい操作も無いので、スタートするにはやりやすいスタイルと言えます。

・スカイプスタイル(チャットスタイル)
現在、こちらのスタイルもかなり増えてきています。電話と違い、インターネットを使ったスタイルになります。
スカイプに関しては、海外でも対応できる無料電話サービスのようなものです。しかも、テレビ電話のような機能もあるため、画面を見ながら対応することも可能です。チャットスタイルは、そこまで多くないですが、こちらは文字ベースで色々とリアルタイムにやり取りするものです。
インターネットが苦手な方には、どちらも面倒くさいイメージがあると思いますが、難しい操作はそんなにありません。スタートアップだけ誰か詳しい人に行ってもらえばすぐに出来るでしょう。
また、提携先からもサポートが入るので、分からないことがあればそこに確認を取ればいいのです。

・メールスタイル
顔も声もばれないので、内緒で副業をしたい人にはおすすめのスタイルです。しかしも、リアルタイムで連絡をしなくてもいいので自分のタイミングで占いが出来ます。
ただし、占う側の情況が読み取りづらいので、少し上級者向けとも言えます。
また、文字で相手に伝えるので、ライティング技術もある程度は必要となります。

タロット占い師になるためには何をするべきか

どんな占いの種類でもプロの占い師になるためには何をすればいいか、いまいちよくわかりませんよね。
占いの学校等に通わないと占い師として活動できないのでしょうか。この記事ではタロット占い師として活動するためにするべきことをご紹介いたします。

もし副業としてならば

今ではネット上で簡単に相手を占う事も出来るため、対面しか手段が無い時代よりはアマチュアの方でもそれなりに活動出来ます。
もし今まで占い師として働いていなかったり、専門学校に通っていなくても独学で勉強していれば登録してできるかもしれません。
しかしあくまでお小遣い稼ぎ程度にしかならないでしょう。占いと心理を扱った専門学校などもありますので、もしこれからタロット占い師として大きく活動したいのであれば検討するべきでしょう。

プロのタロット占い師になりたい場合は

タロット占い師は資格がないとできない職業ではないので、プロと名乗れるほどの知識や力があると思い自分が名乗ればもうプロの占い師なのです。
しかし相談するお客さんも、どんな占い師なのかがさっぱりわからないと騙されているのではないかと不安になります。
ですのでプロと名乗り活動するのでしたら最低でも関係する資格くらいは取得して起きましょう。最近はお客さんでも知識豊富な方が多く甘い考えだけで占っていたらすぐおかしいと指摘されてしまいます。
一番良い方法は現役の占い師の方に弟子入りすることですね。実践的な場で学ばないと覚えられないことはたくさんあります。自分が困ったときにも相談できますし、なにより自分をデビューするまでの道筋を助けてくれます。

勉強する方法はあるけれど

タロット占いや西洋占星術についての通信講座などもあり、基本的な知識があれば資格取得はさほど難しいものではありません。
しかし人と向かい合って占い話す占い師の仕事は知識だけでは務まらないのです。お客さんはお金を払って占いをしてもらいに来ているのですからはっきりとした結果が知りたいはず。
それを上手く伝えることが出来ないとなれば全く意味がありません。これは人によって向き不向きがあるかもしれませんが、人前で物事を伝えるのが苦手な方は占い師にむいていないです。
占いの結果を自分の感性で読み取りそれを伝えるのですから、しっかり言葉をまとめてわかりやすくする力も必要です。
これらは多少苦手でも場を見て慣れていくと出来るようになると思いますが、そのためには練習する環境が必須です。そのため通信講座のみの知識で占い師としていきなり実践で活動するのは難しいでしょう。
弟子入りする前でしたらそのような勉強法で知識を付けてからなら良いですね。スクールや現役の方に教えてもらえるような環境で学ぶのが一番効率も良く成功しやすいです。

さいごに

タロット占い師になる方法をいくつかご紹介いたしましたが、プロになるには本当に大変な努力が必要です。
これは占い師だけでなくどの職業でも言えることなのですが、占いの道は資格など認められるものが少ないため逆にプロになってから口コミやお客さんを集めるのが大変です。
長続きしない方も多く厳しい世界ですが、それでも頑張ろうと思える方は是非目指して立派な占い師になっていただきたいです。