無料の自動タロット占いを利用して、ワンオラクルで占いましょう

今回は一番簡単な、ワンオラクル(ワンカード)スプレッドを用いる方法について詳しくお話ししましょう。

ワンオラクル(ワンカード)スプレッドで占う注意点

タロットカードを使って相手の気持ちを見る上で最も簡単な方法は、ワンオラクル(ワンカード)スプレッドを用いるものです。
これは日本語では「一枚引き」と言われる方法で、その名の通りカードを一枚だけ引く方法です。

簡潔に答えてくれる反面、細かいことが分からないので解釈が難しい場合があります。

例えば、「あの人は私のことを好ましく思っていますか?」という質問に対して、肯定的な意味のカードが出たとします。

しかし、この場合の「好ましい」が、友達としての好きなのか、友情としての好きなのかまではこの結果だけでは分かりません。

ですので質問としては「あの人は私に対して恋愛感情を持っていますか?」など、具体的に問うことが求められます。

曖昧な質問、抽象的な質問には、曖昧で抽象的な答えしか返らないことになりますので注意が必要です。

ワンオラクル(ワンカード)スプレッドでの無料の自動占い

ワンオラクルで占うには、自分でカードを用意する方法もありますが、インターネットで無料の自動占いを利用すると手軽に行えます。

ワンオラクルで占えるサイトとしては様々なサイトがあります。
「タロット ワンオラクル 無料」「タロット ワンオラクル 自動」などの検索語句で検索すれば出てきます。
どこでも大丈夫ですが、ピンときたサイトを選ぶと良いでしょう。

よりワンオラクルの的中率を上げたい場合

個人的には、解釈付きのサイトよりも自分で解釈した方が当たると思います。

自分で解釈してみたい!!という方には、ライダーウェイト版のタロットデッキを用いているサイトがお勧めです。
タロットカードの解釈サイトには大抵このカードについての解釈が載っていますので、解釈もしやすいカードになります。

ただし、こちらは日本語のサイトがあまりないので、「tarot free」などの検索語句で検索して探すと良いでしょう。「Rider Waite Tarot」と一緒に検索しても良いですね。

英語のサイトにおいては、「Deck」がデッキ、「Spread」がスプレッド、「One Card」がワンオラクルを指しますので、探す際の参考にしてください。

自動占いで占う際には、占うボタンを押す前に、質問内容を3回思い浮かべ、精神を統一してクリックします。

ワンオラクルで自分で占う場合の解釈

これまで、ワンオラクルで無料の自動占いをする上でのコツについてお話してきました。
けれどタロットは、解釈まで自分で解釈できるようになると、ぐんと楽しくなりますよ。

解釈サイトも様々なものがあります。
「タロット 意味 一覧」などで探すと、解釈が載っているサイトが見つかります。

この際注意することとしては、そのサイトが載せている画像などから、どのデッキについての解釈をしているのかに注意することです。
タロットカードはデッキによってまったく絵柄が異なる場合も多いため、デッキごとに異なる解釈が存在します。

占ったサイトが使っているカードがそのサイト独自のものであれば、そのカードの解釈はそのサイトの説明がすべてになります。他のサイトの説明は適用されません。
けれど、たいてい、占った後に「このカードには他にどんな意味があるんだろう?」と思って調べますよね。

だからこそ解釈サイトにおいて解釈の元にされることが多い、ライダーウェイト版のタロットをおすすめしています。

まずはワンオラクル(ワンカード)スプレッドで占う回数をこなして、各カードの解釈をある程度覚えてから、他のスプレッドに挑戦してみても良いでしょう

仕事について占いたい時におすすめの無料タロット占い

恋愛だけでなく、仕事を占う際にも、タロット占いは役立ちます。
無料のタロット占いサイトについては、「タロット 無料 仕事」「タロット 自動 仕事」などで検索すると、仕事運に関して占えるタロット占いのサイトがヒットします。

今回は、仕事を占う際によく出てくるカードの意味について見ていきましょう。

タロットカードの中でも、ワンドのカードは、情熱ややる気を示すカードです。
当然、仕事とは切っても切れない仲のカードと言えます。

その中でも特に仕事でのやりがいや将来性について悩んでいる時に出やすいカードとして「ワンドの2」があります。
転職を考えている方は、一度は引いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、そんなワンドの2について、ライダーウェイト版の解釈に沿って見ていきます。

ワンドの2(正位置)

ワンドの2は、棒(情熱)を持った人物が、はるかな海を見つめているカードです。
様子が描かれています。上質なローブと帽子を身に付けていて、紋章の刻まれた石造りの建物の上に立っているため、ある程度の地位にある人なのでしょう。
この紋章の白い百合と赤い薔薇は、キリストと聖母、情熱と知性、男性性と女性性の統合の象徴です。一個の人間としての統合と言ってもいいかもしれません。
それらの統合をふまえて、今後の可能性についての展望を示すカードですから、このカードが出た時は、ステップアップを意味します。
今後の仕事の展望について考えている時や、転職を視野に入れている時に出やすいカードになりますね。仕事について占った時は、ステップアップについて考えている最中か、もしくは近い未来にそのような環境に置かれることを意味しています。目的の達成や大きな願望の成就を意味するカードでもありますから、最終結果に出た場合などには安心して今のまま進んでください。

ワンドの2(逆位置)

ワンドの2は、正位置でも逆位置でも仕事を占う際には出やすいカードです。
逆位置では、今後の展望に障害や問題が生じることを意味しています。もしくは、占った方自身の将来への不安や恐怖がダイレクトに出ている可能性もあります。
特に自分の転職や進退について占った時にこのカードが出た場合は、状況の不安定さや予想外に苦戦する状況などから、自分自身への不信感が募り、将来に対する不安や弱気さが大きくなっている状態であると言えます。
ワンドはやる気や情熱を示すカードですので、物質的なことよりは自分自身の気の持ちようが大事なカードになります。実際に危機に陥ると言うよりも自らの心理状態を整えられないことで不安になるという意味で出ることが多いカードですので、まずはリラックスして現状把握を適切にして、今後の対策を練ることが大切です。

タロット占いでライダーウェイト版がおすすめの理由

記事の中で解釈する際に、「ライダーウェイト版」に特化して書いていますが、それはなぜか。
ライダーウェイトは、100年以上前に、世界的に有名な魔術結社「黄金の夜明け団(ゴールデン・ドーン)」の解釈を元に作られた、歴史あるマジックアイテムです。
カバラ数秘や西洋占星術に基づいて作られたカードですので、占いの道具としては的中率が非常に高いカードになります。

タロットカードは呪術の道具です。
ですから、マジックアイテムとして長い歴史を持つカードほど信頼性は高くなります。

他にもマルセイユタロットやトートタロットなど、歴史が長いカードや呪術的な力の強いタロットもたくさんありますが、初心者には解釈サイトもたくさんあるライダーウェイト版が最適です。

タロットカードで占えるサイトはたくさんありますが、できればライダーウェイト版で占えるサイトをおすすめします。