日本アロマメディカル心理セラピー協会とは?

日本アロマメディカル心理セラピー協会は、心のケアをする技術が一定水準以上であることを認定する資格試験を実施している団体です。心のケアをする技術、それぞれの分野での技術者として備えるべきスキルの水準を示すことで、客観的な評価方法を提供することを目的としています。また、評価基準を示すことで、技術者がよりスキルを向上させる方向性も定まり、社会的地位も確立されることも、その目的としています。
心のケアをする技術というと、曖昧で様々な理論が乱立しています。そのため、利用者にとっても、どこに頼るのが良いのかわかりにくくなっています。また、技術者にとっても、どのように自分のスキルをアピールすれば良いのかわかりません。日本アロマメディカル心理セラピー協会の資格が客観的な基準を示してくれるので、双方にとって利益があると口コミでも評価されています。

日本アロマメディカル心理セラピー協会の認定する資格の種類は?

以下のような資格について、認定試験を実施しています。
・アロマヒーリングセラピスト認定試験
・風水セラピスト認定試験
・カラーセラピスト認定試験
・美快眠セラピスト認定試験
・メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験
・メディカルハーブカウンセラー認定試験
・ストレスケアマネージメント認定試験
・福祉心理カウンセラー認定試験
・キッチン心理カウンセラー認定試験
・エクステリア心理カウンセラー認定試験
・天然石セラピスト認定試験
・西洋占星術アドバイザー認定試験

総合的な心理ケアというものではなく、それぞれの専門性を高めた資格として設定し、試験を実施しているのがわかります。受験生は自分の専門分野をより高め、活かすことができるので、総合的な資格よりも口コミ・評判が高いという特徴があります。

日本アロマメディカル心理セラピー協会はどんな人におすすめ?

心をケアする、癒すための資格が幅広く準備されています。そのため、それぞれが興味を持った資格にチャレンジすることができるので、おすすめできる対象も幅広くなっています。
アロマセラピーや天然石セラピーについては、独学で実践している人も数多くいるでしょう。慣れ親しんではきたものの、その理論などを体系立てて勉強したことはない、という人には、自分が普段行っているヒーリング方法を改めて学びなおす意味でも、受験をおすすめします。
実際に、それまでやっていた方法の意味や由来を始めて知ることができた、より効果的にヒーリング効果を得ることができるようになった。などという口コミも数多く聞かれています。
また、ストレスケアマネージメントや、福祉心理カウンセラーなどの資格は、企業でのストレスチェックが義務化されたことで、さらに需要が高まると考えられています。人事や総務といった、ストレスチェックに関わりのある職務分野の人にはぴったりです。また、その他の職務に従事していても、仕事上で必ず活かせる資格になりますので、自分の仕事の幅を広げたい人にもおすすめです。
口コミの評判でも、心理セラピー関連の資格を取得したことで、社内でいち早くストレス管理についての知識を身につけたとして評価された、という声も見られています。

日本アロマメディカル心理セラピー協会の資格認定試験はどのようなもの?

日本アロマメディカル心理セラピー協会の資格認定試験は、インターネット上で申し込むことができます。受験も自宅ですることができます。
また、それぞれの資格の試験は、年に6回実施されています。資格試験の回数としては、かなり多い部類に入るでしょう。試験の開催スケジュールによって自分の都合が悪くなることなく、勉強の進み具合に合わせて、準備ができたらすぐに受験できます。
忙しい人でも、仕事が不規則な人でも、あるいはあまり家を空けられない事情がある人でも、受験がしやすくなっているのが特徴と言えるでしょう。受験生にとって便利な体制を整えている点が、日本アロマメディカル心理セラピー協会の資格認定試験の口コミで評判になっています。
勉強しやすく、受験しやすい試験ですので、興味がある方は、日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページで詳細を確認してみてください。