日本インストラクター協会とは?

日本インストラクター協会は、「インストラクター」というキーワードが示す通り、「教える力」を中心としたスキルがある一定水準以上であることを認定する団体です。いろいろな分野での技術について、それを他人に教えるスキルがあるかどうかを判断する試験を行い、合格者には資格を認定します。
例えばスポーツの分野においても、その技術を他人に教えるためには、自分がプレーできるというだけでなく、理論として理解していなければなりません。その上で、教えることに関するスキルも求められます。そのため、インストラクターのための資格というものが必要になってくるのです。

日本インストラクター協会の認定する資格は?

いわゆるインストラクターという、
・建築CADインストラクター
・アフィリエイトインストラクター
・歩き方インストラクター

など、技術を教える、という資格が中心です。

他にも、
・整理収納インストラクター
・アロマライフインストラクター
・ドライフルーツ製法インストラクター

など、生活の質を上げるための技術に関する分野の資格も多くあります。

資格の分野については非常に多岐にわたっているので、一度日本インストラクター協会のホームページを確認してみるのをおすすめします。日本インストラクター協会の資格は、「教える」ということを中心に据えていますので、「何」を教えるかについては、たくさんの題材があるのです。

日本インストラクター協会の資格の口コミ評判が高い2つの理由

理由1)教えることが仕事に直結する
世の中には、インストラクターを仕事にしている人がたくさんいます。ジムに行けばトレーニングのインストラクターがいます。ヨガやウォーキング、ランニングのインストラクターも一般的になってきました。会社でも、新しいパソコンのソフトが導入されると、外部からインストラクターを呼んで使い方を教わったりしますね。ビジネスのコンサルタントも教える人という意味ではインストラクターでしょう。そもそも、教師はすべてインストラクターです。
これだけたくさんの人たちが、教えることを職業にしています。それほど、インストラクターには需要があるのです。
また、インストラクターとしての仕事をするのではなくても、仕事をする上で、後輩や部下、あるいは同僚に技術を教える機会は少なくありません。その教える技術を認定する資格なので、日本インストラクター協会の資格は、とても口コミでの評判が高いのです。

理由2)教えられるほど理解ができる
人に技術や知識を教えるのは、実はとても難しいものです。日常何気なくやっていることでも、いざ他人に説明しようとすると、なかなか上手くいきません。まして、教えられる側に経験や予備知識がなかったら、基礎から説明しなければなりません。ただ技術や方法だけを教えても、教えられる人にとって身につくものにはなりません。
つまり、人に教えるには、まず自分が本当に理解していなければならないのです。
それまで自分では簡単にやっていたことでも、背景や基礎から学びなおすことは大変です。だからこそ、非常にためになり、役立つのです。
日本インストラクター協会の資格を所得しているのは、インストラクターになりたい人ばかりではありません。その技術について、しっかり体系立てて理解したいと考えている人が、数多く受験しています。そして、そのような人たちからの口コミでの評判も非常に高いのが、日本インストラクター協会の資格の特徴です。

このように、日本インストラクター協会の資格を取得すると、その技術について、
・自分が自信を持って実践することができ、
・他人に教えることもできるようになる

ことが、口コミ・評判で多く言われています。
自分の技術のため、他人に教えるため、両面で役立つ資格なので、何かを学ぶ際にはインストラクター認定試験も選択肢に入れて検討してみてください。