日本生活環境支援協会は資格認定団体

日本生活環境支援協会という名前には聞き覚えがない方も多いかと思いますが、それもそのはず。日本生活環境支援協会は資格認定団体だからです。資格認定団体とは、その名前の通り、ある分野でのスキルが一定水準以上であることを示してくれる団体のこと。つまり、資格を制定して、それを取得するための試験を実施する団体です。
有名な資格でも、それを実施している団体はあまり知られていません。例えば簿記は、日本商工会議所などのいくつかの団体が実施しています。宅建も同じく非常によく知られた資格ですが、国土交通省がつくり、不動産適性取引推進機構が実施しているということは、あまり多くの人には知られていないでしょう。
日本生活環境支援協会は、生活環境を向上させる技術を中心に、そのスキルがあるかどうかを判断する試験を実施して、合格者には資格を認定しています。

日本生活環境支援協会の認定する資格

日本生活環境支援協会が実施している生活環境に関する資格試験には、以下のようなものがあります。

・DIY工作アドバイザー認定試験
・収納マイスター認定試験
・住まいアドバイザー認定試験
・ハウスクリーニングアドバイザー認定試験
・ベランダ菜園アドバイザー認定試験
・ガーデニングアドバイザー認定試験
・環境生活指導士認定試験
・住生活材料品質鑑定士認定試験
・土地建物アドバイザー認定試験

いずれも、生活環境を整え、向上させるための技術があるかどうかを問う試験です。

日本生活環境支援協会の資格試験の口コミ評判

資格認定試験は、インターネット上で申し込むことができ、受験も自宅ですることができます。仕事が不規則で忙しい人や、あまり家を空けられない主婦でも無理なく受験できるところが、口コミでも評価されています。
また、それぞれの資格の試験は、年に6回程度実施されています。資格試験の回数としては、かなり多い部類に入るでしょう。試験の開催スケジュールによって自分の都合が悪くなることなく、勉強の進み具合に合わせて、準備ができたらすぐに受験できることも、評判が良い点の一つです。
試験に合格するためには自分で勉強しなければなりませんが、受験しやすいというのは、試験を受ける側にとってはとても便利ですね。

日本生活環境支援協会の資格の口コミ評判

資格は、スキルがあることを外に示すことができるものです。日本生活環境支援協会の認定している資格の分野のように、生活に密接していることは、多少は関わっているという人も多いため、その技術が優れているかどうか、本人の主張だけではわかりません。そこで、認定団体が基準を定めて試験を行い、客観的に評価できる資格を定めることがとても有効になるのです。

資格を取得した人による口コミの評判では、
「それまで趣味としてやっていただけのガーデニングでしたが、資格を取るためにきちんと勉強することで、体系立てた理解ができました」
「自分のハウスクリーニングの仕方が本当に正しいのか自信がなかったのですが、資格を取得したことで、間違いのない方法を身につけられました」
という、実践と理論を結びつけられたという内容が多く見られます。
また、
「DIY工作アドバイザーの試験を受けたことで、自分の趣味としてだけでなく、人に説明することもできるようになり、講師としての仕事も始められました」
「いままでも近所の方などにベランダ菜園についてアドバイスをしていましたが、資格のおかげで、より自信をもつことができ、相手も信用してくれるようになったと思います」
という、資格が他者へのアピールになる点も評判です。

日本生活環境支援協会の認定する資格は、日常生活で接していることが多いので、受験のハードルが低いとも言えるでしょう。また、生活に密接しているということは、普段から活かすこともでき、教える側としても需要が高い、ということでもあります。興味がある分野であれば、勉強するのもあまり苦にならないものですから、資格取得も考えてみるのをおすすめします。