タロット占いで適職は占える?

タロット占いを就職や転職で利用する人は多いと思いますが、適職を占えるのかどうかも気になるところではないでしょうか。
タロット占いで適職を占う場合は、yes,noタロットを利用するか、タロットカードの意味自体から適職を占う方法があります。
yes,noタロットの方は解釈も必要ありません。質問内容を「○○の仕事は自分に向いていますか?」という形にして1枚引き、正位置を「はい」、逆位置を「いいえ」として考えればよいだけです。
しかし、この方法ですと既に志望先の企業が決まっている場合や、漠然とこの業界はどうだろうかと自分の中で決まっている場合にしか占えないというデメリットがあります。
その点、タロットカードの意味自体から占う方法であれば、志望業界がまったく決まっていない場合であっても占うことができるのです。
それでは、タロットカードの意味自体から占う方法について詳しく見ていきましょう。

タロットカードの意味から適職を占う

タロットカードで適職を占う際、大きくスートで見る方法があります。
スートはカップが水、ワンドが火、ソードが風、ペンタクルが地のエレメントになります。
それぞれ以下のようなキーワードと適職が考えられます。
いくつかのスートに渡っている職業もありますが、例えば教師であればカップでは愛情面から、ワンドであれば情熱面から、ソードであればコミュニケーション力の面から、それぞれ別の意味での資質があると考えましょう。

<カップが出た場合の適職例>
水族館勤務などの水に関する仕事、感情や愛情が必要な仕事、小学校の先生や保育士や児童指導員など、子供の教育に関する仕事、哲学、ヨガやエステなどの女性関連の仕事、ヘルパーやハウスキーパーなどの家事に関する仕事、介護士や看護師、ケアマネージャーや社会福祉士など看護や介護に関する仕事、健康食品やマッサージなど人のケアに関する仕事、デザイナーや漫画家や音楽家などのアーティスト、芸術や映像に関する仕事、占い師などのスピリチュアルな仕事、バーテンダーやホストやホステスやアダルトショップなどの水商売やアルコールに関する仕事

<ワンドが出た場合の適職例>
消防士などの火に関する仕事、金属加工に関する仕事、出版や編集などの紙に関する仕事、土木作業員など関する仕事や肉体労働、
教師や自衛隊など熱意や情熱が重視される仕事、警察官や警備員など勇気が必要な仕事、積極性、研究者や大学教授など高等教育に関する仕事、企業家や政治家などのリーダーシップを要する仕事、登山家などの危険と冒険を伴う仕事、TV・映画・舞台の俳優やタレントやモデルなど目立つ仕事、スポーツ選手などスポーツに関する仕事、営業や広報・宣伝などアピールや広告に関する仕事、弁護士などの法律に関する仕事、ツアーコンダクターなど旅行に関する仕事

<ソードが出た場合の適職例>
情報・通信に関する仕事、CAやアナウンサーや司会などコミュニケーションや話術が必要な仕事、マスコミ、通訳や翻訳、作家や記者や小説家など文筆力が必要な仕事、交渉やセールスを用いる仕事、分析力を要する仕事、発明家や企画・開発など発明や改革に関する仕事、幼稚園から高校までの先生など初等教育に関する仕事、情報通信産業、パイロットなどの航空産業に関する仕事、宇宙産業、プログラマなどコンピューターに関する仕事、最先端技術関連の研究者やエンジニア、ベンチャー企業、ネットビジネス

<ペンタクルが出た場合の適職例>
サラリーマンなどビジネスライクな仕事、事務員や役所勤めなど事務的な仕事、銀行員などの金融関連、行政、管理職全般、保険業務や葬祭業者など死に関する仕事、骨董品屋など伝統に関する仕事、不動産、農業、建設会社や設計士など建設・建築・土木関連の仕事、清掃員や工場作業員など地道な仕事、ストーン販売など鉱物に関する仕事、長期の仕事、忍耐や制限が加わる仕事